ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイの無料Wi-Fiスポットはどこにある?

無料Wi-Fiでなにができる?

日本ではあまりWi-Fiに接続しないでパケットだけ利用する方もいるかもしれませんが、ハワイで海外パケット接続すると気になるのは携帯料金。 以前のようにプリペイドの国際電話カードを買ったり、ホテルから国際電話の外線が使われることは少なくなっている。

無料通話アプリで国際電話の代わりに

無料Wi-Fiに接続している状態で、iOSのFaceTimeやLINE無料通話、Googleハングアウトなどの無料通話アプリを利用すれば、国際電話を使わずに、ハワイから日本へも通話ができる。

メールやLINEができる

Wi-Fiに接続していれば、海外パケットを気にせず、メールやLINEなどのメッセージアプリを利用できる。 日本にある家族や友人に連絡したり、一緒に旅行中の人との待ち合わせ、SNSへの投稿など日本にいるときを同じようにインターネットが利用できる。

ドコモメールなどWi-Fiで利用する際の設定が必要なアプリなどは、出発前に日本で確認しておくのがおすすめ。ハワイに着いてから設定しようとすると、設定時に海外パケットでの接続が必要になる場合も。

» Wi-Fiで利用する際の設定 | サービス・機能 | NTTドコモ

無料Wi-Fiのデメリット

ホテルのフリーWi-Fiスポット

無料で使えるWi-Fiにはデメリットもある。 まずは同時接続ユーザーが多いことで、なかなか接続できなかったり、通信が遅い、途中で接続が切れるなどの不安定さが主なデメリットだ。 またネットワークによってはセキュリティを懸念する声もあるので、利用用途には気をつけておきたい。 また移動中に利用できなくなる不便さもあり、旅行中どこでもネットがしたいなら、ハワイでも使えるレンタルWi-Fiを借りていくのがおすすめだ。 無料Wi-Fi

ショッピングセンター

無料でインターネット接続するなら、ショッピングセンターへ行くのが便利で簡単!

アラモアナセンター

友人や家族との待ち合わせにも便利なアラモアナセンター。 無料Wi-Fiを提供しているので、誰かと連絡をとるにも便利。 無料のeVIPクラブに会員登録をする必要があるが、それほど面倒な手続きではないので、登録・設定しておこう。 またそれぞれのショップにもWi-Fiがあったり、旅行会社の現地デスクやラウンジでも利用できることがある。

ロイヤルハワイアンセンター

ワイキキ最大のショッピングセンター「ロイヤルハワイアンセンター」では、2階と3階で1日2時間まで接続できる無料Wi-Fiサービスを提供している。 2時間を過ぎると有料となり、クレジットカードでの支払いを完了しないと接続できなくなる。 またH.I.S.のツアーなら、レアレアラウンジで専用Wi-Fiに無料接続できる。

T ギャラリア ハワイ by DFS

ワイキキのDFS全館では、気軽に使えるインターネット接続を提供している。 「TGALLERIAPUBLIC」に接続すると、ウェブブラウザが立ち上がり、承認ボタンをクリックするだけ。

デパート

アラモアナセンターやオアフ島各地のデパートでも、無料Wi-Fiサービスを提供している。

ニーマン・マーカス

アラモアナセンター海側のニーマン・マーカスでは、無料Wi-Fiサービスを提供している。 アラモアナセンターのWi-Fiが接続しづらいときには、ニーマン・マーカスに行けばすぐに接続できることも。

ノードストローム

アラモアナセンター山側のノードストロームにも、もちろん無料Wi-Fiがある。 買い物中にネットで欲しい商品を調べたりするにもちょうど良い。

シアーズ

アラモアナセンター東側のシアーズでも、Wi-Fi接続が利用できる。 比較的、同時接続しているユーザー数が少なめのようで、すぐに接続できる印象がある。 シアーズはカネオヘのウインドワードモール、パールリッジセンターにもある。

レストラン&ショップ

人気ショップや定番カフェではもちろん、個人経営のショップやレストランでも無料Wi-Fiを提供しているお店が増えています。まずはWi-Fiをオンにしてネットワークがないかチェックしてみましょう。

スターバックス

日本でもお馴染みのスタバでは、無料Wi-Fiが一般的。 観光やショッピング中の休憩にスタバに立ち寄ればインターネットができるので便利だ。

アップルストア

まだ無料Wi-Fiがあまり一般的でなかった時期から、無料接続サービスを提供していたアップルストア。 アラモアナセンターとワイキキのロイヤルハワイアンセンター1階、カハラモールに店舗がある。

旅行会社の現地サポートデスク&ラウンジ

旅行会社のパッケージツアーで参加しているなら、現地のサポートデスクやラウンジでも。

JTB オリオリステーション・アラモアナ

JTBのツアー利用なら、アラモアナセンターの‘OLI‘OLIステーション・アラモアナで無料Wi-Fiが利用できる。 空港かまずはこのオリオリステーションに立ち寄る場合もあるので、まずはここでメールやメッセージアプリをチェックしておくのがおすすめ。

H.I.S. レアレアラウンジ

H.I.S.の現地デスクは、ワイキキのロイヤルハワイアンセンターのレアレアラウンジが最大規模。 もちろんインターネット接続が可能だ。

ジャルパック アロハ・ラウンジ

ワイキキのホテルを中心に数か所あるジャルパックのアロハ・ラウンジでも、Wi-Fi接続サービスが利用できる。

トロリー

オアフ島を走る一部旅行会社のトロリーでもWi-Fiサービスを提供!

H.I.S. レアレアトロリー

車内での無料Wi-FIを提供しているのが、H.I.S.のレアレアトロリー(LeaLeaトロリー)。 移動中に地図アプリで場所を確認したりと何かと便利。 またHISのツアー利用者は、ワイキキ周辺やH.I.S.各拠点周辺でのWi-Fi接続も利用できる。

ホノルル空港のWi-Fiは有料

ハワイ旅行で不便なのがホノルル国際空港でのネット接続。 最近では無料Wi-Fiを提供する空港が増えているものの、ホノルル空港では有料サービスとなっている。 料金は2時間で8.95ドル、1日10.95ドルとそれなりの料金だ。

ラウンジにはWi-Fiがある

航空会社やクレジットカードのラウンジでは、Wi-Fi接続サービスを提供している場合がほとんど。 H.I.Sのツアー利用では一部コースで、Wi-FiのあるLeaLeaエアポートラウンジが利用できる。 接続用のパスワードを確認して、スマートフォンやパソコンで設定をしましょう。

アイランドエアー利用

ホノルル空港とマウイ島カフルイ、ラナイ島へのフライトがあるアイランドエアー(Island Air)を利用するなら、ホノルル空港のコミューター・ターミナルでの搭乗まで、無料Wi-Fiが利用できる。

Wi-Fiレンタルがおすすめ

日本でもよく移動中にスマートフォンなどを利用するなら、海外Wi-Fiレンタルが断然おすすめ。 海外パケットを気にする必要もなく、街中でもビーチでも安定したネット接続ができる。

接続が安定

無料Wi-Fiはどうしても接続が不安定になりがち。 そもそも最初の接続がしづらかったり、会員登録が必要な場合、制限時間があったりもする。

ほぼどこでもつながる

ほとんどのレンタルWi-Fiサービスでは、オアフ島以外の島でもほとんどのエリアが対象。 それほどの秘境でなければ、ビーチや観光スポット、レストランなどどこでもネットができる。 ホテルでも安定した高速インターネットが利用できる点でもおすすめだ。

» ハワイ旅行で使えるレンタルWi-Fi比較

» ページの先頭へ