ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイの禁煙と喫煙 - 気になるタバコ事情

ハワイは禁煙に関する法律がある

2006年11月16日に執行された喫煙に関する法律についてまず知っておきましょう!

Healthy Air & Workplace Law

ハワイ州では2006年11月16日に Healthy Air & Workplace Law という新禁煙法が執行されました。 この法の目的はタバコを吸わない非喫煙者の健康をタバコの煙から守ること。 つまりタバコをどこでも吸える環境は問題があるのでは、という考えから

罰金刑もある

法律に違反した場合、つまり禁煙エリアでタバコを吸った場合は、個人で最大50ドル、企業には500ドルが罰金として科せられる。

こんな場所が禁煙

スモーカーは要注意!ハワイではこんな場所が禁煙です。

ホテルのロビー、廊下、禁煙ルームなど屋内

ホテルは基本的に禁煙となる。客室全体の80%を禁煙室とし、喫煙室は最大でも20%しか設定してはいけないと法律で決まったからだ。

既にアウトリガー系列などホテル全館を禁煙とする動きも出ており、今後は他のホテルも全館禁煙の動きに追随する可能性がある。

レストラン、バー、カフェ、クラブ

飲食店関連は全て禁煙となる。お酒を飲みながらタバコを吸うなんてこともハワイのバーやレストランでは有り得ないということ。

バス、タクシー、トロリー

多くの人が利用する交通機関も全面的に禁煙となる。

公共の施設

空港、スタジアム、スポーツアリーナなど公共施設では全面的に禁煙。 空港などの屋外部分には喫煙エリアを設置している場合があり、そこでは喫煙可となる。

喫煙はどこでできる?

ハワイで喫煙できる場所はどこなのか、タバコ吸う方はチェックしておきましょう!

喫煙エリアを大雑把にチェック

まず基本的に屋内では禁煙です。ただしホテルなどの喫煙ルーム、ホテルやショッピングセンターや空港の喫煙エリア、個人の住居ではタバコが吸えます。

屋外では喫煙可

例えば公園やビーチ、歩道などではタバコを吸って構わないが、建物の出入り口や窓、エレベーターの周囲20フィート(約6メートル)は禁煙なので注意が必要。

またご存知の通り、歩きタバコは煙がほかの歩行者にかかることが多く、タバコの火で火傷を負わせる可能性もあるので、控えた方が良い。

ただし2008年4月からハワイ島では屋外でも公共の施設内では禁煙となっている。 郡が管理するビーチパークや公園でも禁煙となる。 オアフ島でもハナウマ湾など保護区に指定されている場所は禁煙。

ホテルは喫煙室を設定

ホテルやコンドミニアムなどの宿泊施設は全客室の20%まで喫煙室とすることができます。 喫煙室は予約時に指定できる場合があります。 ラナイ(ベランダ)では喫煙できる場合と喫煙が禁止されている場合があります。

歩道には喫煙エリアがある

ワイキキのカラカウア通りなど大通りの歩道には備え付けの灰皿が設置しています。 歩道は禁煙ということはありませんが、建物の出入り口や窓、エレベーターの周囲6メートルは禁煙なので注意しましょう。

ホノルル空港の喫煙エリア

国際線ターミナル
1. インターアイランド・ターミナルと国際線ターミナルの間1階中央部分の喫煙エリア
2. 1階のダイヤモンドヘッド側グループツアーエリア (Diamond Head Group Tour Area)
3. 屋根、囲いのない公共駐車場、ならびに各レンタカー会社の駐車場
4. 2階チェックインカウンター前(屋外道路側)にある喫煙エリア
5. 駐車場5階

インターアイランド・ターミナル
1. インターアイランド・ターミナルと国際線ターミナルの間1階中央部分の喫煙エリア
2. 1階のマカイ側グループツアーエリア (Makai Group Tour Area)
3. 駐車場7階

コミューター・ターミナル
1. コミューター・ターミナル前の屋外道路側にある喫煙エリア
2. 公共駐車場

ホテル別の喫煙/禁煙状況

喫煙室も最大で20%までは許可されるホテルだが、全館禁煙の動きも広がっている。 気になるホテルのタバコ事情をチェックしておきましょう!

アウトリガー

全館禁煙の為、屋外でも禁煙となる。喫煙ルームも設置しない意向。 アラモアナホテルも同様に禁煙。

オハナ

改装後に全ての客室を禁煙とする予定。一部のホテルでは既に全室禁煙。

アクア

全室禁煙。ホテル敷地内には喫煙所を設置しない意向。

アストン(旧リゾートクエスト)

アストン・ホテルズ&リゾートではハワイの全てのホテル、コンドミニアムを全室禁煙としている。

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート スパ

全室禁煙。

ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパ

ワイキキビーチ・マリオット・リゾート&スパは客室を全室禁煙としている。

ヒルトン

ほぼ全てが禁煙ルーム。

ハワイアンビレッジの喫煙エリア
1. タパタワー1階、宴会場へ向かうエスカレーター前
2. ダイヤモンドヘッドタワーとアリータワーの間の通路
3. ビーチ
4. ミッドパシフィック・コンフェレンスセンター6階のコーラルボールルーム突き当たりの屋外
5. ダイヤモンドヘッド・タワーにおける一部客室のバルコニー
参考ページ:ヒルトン・ハワイアン・ビレッジでの喫煙について

» ページの先頭へ