ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイの治安と旅行中に注意すること

ハワイって安全?

ハワイもアメリカ、日本とは事情が異なる点を理解して行動しよう。

治安の悪い場所

観光客で賑わうワイキキもアラワイ運河沿いや深夜のアラモアナ方面は、人通りも少なく何かあっても助けを求めづらい。 夜遅くまで買い物する場合はカラカウア通るなど人の多い大通りを歩いたほうがいい。

地域別ではオアフ島の西岸にあたるワイアナエコースト一帯は犯罪が多く治安は悪いと言われている。 観光客も少なく低所得者が多く住んでいるのが、その理由と言われているが、昼間は危険を感じるほど雰囲気は悪くない。 夜間や休日のダウンタウンは人が少なく凶悪犯罪も発生している。

旅行客がまきこまれやすい事件

強盗などの凶悪犯罪は多くないが、車上荒らしや窃盗、置き引きなど旅行者が巻き込まれる事件は依然として多い。 特にレンタカー利用時は車内に貴重品を残さないなどの注意が必要だ。

なにかあったときどうする?

事件に巻き込まれたときは警察に通報!

ハワイは110番ではなく911番

ハワイでは警察を呼ぶのも、救急も消防もすべて911番に電話をする。 日本語を話せるスタッフは稀だと思われるが、英語がうまく話せなくても落ち着いてゆっくりと伝えよう。

ワイキキには交番もある

アメリカ本土にもハワイにも日本みたいに交番というシステムはないが、ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りには交番が一カ所ある。 ワイキキビーチの入り口、モアナサーフライダーの隣、ハイアットの目の前に交番があり、よくパトカーも停まっているので場所は分かりやすい。

こんな犯罪や事件がある

ハワイで多い犯罪をチェックしておこう。

車上荒らし

レンタカーを借りて移動する際は、車内に貴重品を置いたままにしないこと。 特にハワイ到着日はホテルにチェックインするまでの時間が長いあり、そのままレンタカーで出かける場合も多いが、荷物は外から見えない場所に閉まっておくなどしよう。 ハワイではレンタカーに多い車種があり、すぐに旅行者が乗っている車というのがバレてしまう。 地元の人でも車上荒らしにガラスを割られるのを避ける為、あえてカギをロックしないという人もいるという。 ハワイ島のアカカ滝州立公園は車上荒らしが特に多いことで知られている。

置き引き

ハワイでどこに行くにしても、荷物から離れてはいけない。 ビーチで遊ぶとき、買い物中、ゴルフ中、とにかく荷物から目を離している間はどんな場所でも盗まれる可能性があると自覚しておこう。 こればかりは治安が良さそうな場所でも起こりうるので特に注意が必要となる。

引ったくり

ショッピングセンターなどでも買い物中は引ったくりに注意。 買い物する=お金を持っていると思われるので、どうしても狙われやすくなる。

詐欺

気安く話しかけてくる人には注意が必要。 特に日本についての話をしてきたり、有名な日本人スポーツ選手の名前で呼びかけて来るような人物には要注意。 どんなに良い人そうに見えても、詐欺師の可能性は否定できない。

マリファナなどのドラッグ

ハワイでもドラッグは社会問題となっている。 マリファナ、ヘロイン、アイス(クリスタル・メタンフェタミン)、ステロイド、MDMAなどその種類もさまざま。 話を持ちかけられても絶対に手を出さないこと。

マウイ島、ハワイ島のいわゆる田舎では屋外でレイブパーティーが行われており、ドラッグが密売されていると言われている。 ハワイ島ではマリファナが栽培されており、流通しているとされる。 MDMA などはバーやナイトクラブなどでも密売されておると言われてる。

ヒッチハイクは法律違反

アメリカではヒッチハイクは法律で禁止されている。 もちろんハワイもアメリカなのでヒッチハイクして乗るのもダメ、乗せるのもダメ。 知らない人が車に乗せてくれると言ってきても、丁寧に断ろう。 どんなに感じがいい人でも、犯罪が絡んでいないとは言えないのだ。

加害者にならない為に

ハワイ滞在中に事件の加害者となってしまう日本人もいるとか。そうならない為の注意事項。

飲酒運転しない、させない

飲酒運転はもちろん、フタの開いたお酒が車内にあっても違反となる。

子供だけ部屋に残さない

ハワイでは12歳以下の子供を、13才以上の保護者なしで放置した場合、親が罪に問われる。 ちょっと買い物と思ってホテルの部屋に子供だけ置いていったらそれは犯罪になるのだ。 外出中も子供からは目を離してはいけないということ。 例え店内やホテル内でも子供を放置してはならないので注意しよう。

私有地には立ち入らない

ビーチや観光スポットへアクセスする際に、うっかり私有地に入ってしまう観光客も多い。 不審者や強盗を誤解されると、思わぬ事態に発展する恐れもあるので "Private Property" などの表示には注意しよう。

事故にも注意

事故に巻き込まれないような防衛策も必要。リスクを回避して安全な旅行に!

飲酒運転が多い

ハワイは飲酒運転での逮捕率が高い。 自動車事故の原因に占める割合も飲酒運転が多いというから、変な動きをしている車には近づかないこと。 歩いているときもレンタカーに乗っているときも注意が必要だ。

ビーチではサメとクラゲに注意

ハワイのビーチはサメの目撃情報が寄せられると、ビーチごと閉鎖されることがある。 クラゲは周期的に発生するが、予想よりも早く大量発生することもあり、病院で手当を受ける観光客も少なくない。 発生時にはビーチに看板が立てられ、海へ入らないように勧告される。

波の高いビーチにも注意

白砂が広がるキレイな海でも事故の多いビーチがある。 オアフ島のサンセットビーチやサンディビーチは波が高く危険なので海へ入るなら他のビーチが行ったほうが良い。 ランキング全米1のビーチにも輝いたことがあるハワイ島のハプナビーチも事故が多いと言われている。

» ページの先頭へ