ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ旅行でお得に両替する方法

お得に両替する

同じドルから円に両替するにも、窓口や店舗によってかなりの差がでます。お得に両替するなら知っておきたい基礎知識。

為替相場と外貨両替相場は違う

毎日ニュースなどで為替が伝えられていますが、現金で両替するときの相場は外貨両替相場と言って、手数用が加えられたレートになります。

TTSとTTB

またドルを買うときはTTS、ドルを売る(円に戻す)ときはTTBというレートが適用されます。 基本的にはドルを買うときよりも、売るときのほうがレートが安いくなっています。 つまり急な変動がない限り、買ってすぐ売れば損をします。

TTSとTTBの便利な覚え方は、銀行など両替してくれる相手側からみて、ドルを売る(こちらはドルを買う=円を売る)から TTS の S がセール(sell)の意味、逆にドルを買う(こちらはドルを売る=円を買う)から TTB の B はバイ(buy)の意味になります。

換金レートと手数料をチェック

両替するときには必ず換金レート(外貨両替相場)と手数料(service charges, fee)を事前に確認しましょう。 ホテルなどでは大抵の場合、手数料が加算されます。 手数料無料の両替所もワイキキにはあるので、ぜひチェックしてみましょう。

カード払いがメインなら現金は少なめに

外貨への両替は、ドルを買う(円を売る)ときと同様に、ドルを売る(円を買う)ときにも手数料がかかります。 ドルに多く両替しすぎて、日本に帰ってきてから日本円に戻したいという場合にもまた手数料がかかるので、あまり多く両替しないほうが良いでしょう。

為替をGoogleで"○○ドル"と検索

意外と知られていない検索して為替レートを調べる方法があります。 例えば1ドルが何円か調べたいときは、"1ドル" と検索するだけ。 ○○円が何ドルに相当するか調べたいときは、例えば "1000円を米ドルに" と検索します。

日本で両替する

ハワイ旅行に現金を持っていくなら、日本での両替がやっぱりお得です。

銀行で両替する

日本のほとんどの都市銀行や主要な地方銀行、ゆうちょ銀行では両替サービスがあります。 支店によっては自動受け付け機があって手間もかからず便利です。 銀行によって為替レートは異なりますので、余裕があればいくつかまわってみるとお得に両替できます。

空港で両替する

ホノルル空港で両替するくらいなら、日本の空港で両替したほうが、出発前の時間も効率良く使えておすすめです。 空港には銀行の窓口や外貨専門店がありますが、米ドルの換金レートにはそれほど大差ありません。 時間に余裕があれば何箇所か比較してみましょう。

ハワイで両替する

ハワイで現金が足りなくなったり、日本で両替する時間がなかった、なんてときは現地で両替してみましょう。

ホノルル空港で両替

換金レートが悪く、手数料も高いと評判の良くないホノルル空港の両替所。 どうしてもすぐに現金が必要、という場合はともかく、ワイキキのDFSや町の両替所で換金したほうがお得です。

ホテルでも両替できる

多くのホテルではフロントで両替してくれます。 ただしレートは高め、手数料もホテルによって異なるので、確認してからにしましょう。

ワイキキ周辺の銀行

First Hawaiian Bank:オハナ・アイランダー・ワイキキ(ビーチウォーク入り口)
American Savings Bank:アラモアナセンター

ハワイの両替比較表

場所相場備考
空港高め手数料あり
ホテル高め手数料あり
町の両替所日本より少し高め
DFSワイキキ日本より少し高め手数料なし

» ページの先頭へ