ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ旅行に便利な持ち物チェックリスト

※写真・画像の無断転載・引用は禁止です

スーツケース・バッグの準備

スーツケース機内・持ち歩き用バッグエコバッグ
衣類圧縮袋液体物持ち込み用ビニール

航空会社に預けるスーツケースや荷物には名前、連絡先の書いたネームタグを付けておきましょう。 また目印になるようにステッカーを貼ったり、目立つゴムバンドを付けておくのもおすすめです。 ハワイではほとんどのお店でビニール袋をもらえない為、エコバッグ(買い物袋)を持っていくと便利です。 ※紙製の袋はもらえます。またABCストアなど再利用可能な買い物袋を独自に配布しているショップもあります。

衣類・アクセサリー

上着・洋服下着靴下
水着部屋着タオル
帽子ウインドブレーカー折りたたみ傘
スリッパ(機内・ホテル)サンダルサングラス

スリッパは飛行機でもらえる場合もあるので、それを利用するのもかさばらず便利。 ハワイ島やマウイ島の標高が高い場所へ行くならウインドブレーカーや長袖フリースなども必要。 またハワイでも雨が続くこともあるので、軽量の折りたたみ傘があると役立ちます。

洗面用具・コスメ

洗面用具医薬品目薬
歯ブラシ歯磨き粉リップクリーム
化粧品各種メイク落としシャンプー・トリートメント
日焼け止め日焼け後ローションボディオイル・クリーム
除菌ウェットティッシュティッシュ髭剃り

ハワイのホテルには歯ブラシが置いていないことが多いので必ず持参を。 メイク落としは日焼け止めを落とす目的でも使えるので、男性でもドラッグストアで買っていくと便利。 顔も体もさっぱりします。

電気製品・デジタル機器

海外対応ヘアドライヤー海外対応ヘアアイロン電気シェーバー
携帯電話・スマホ充電ケーブル海外レンタルWi-Fi
カメラバッテリー充電器メモリー(SDカードなど)

ホテルによってはドライヤーがないことも。 ヘアドライヤーとヘアアイロンは、ハワイの電圧(110/120V)に対応している製品を持っていきましょう。 まずはいま使っているドライヤーが海外対応かどうか説明書やラベル表記で確認を。 iPhoneなどのスマートフォンやデジタルカメラはほとんどの製品で変圧器は不要です。 またコンセントの形状も同じなので、変換プラグも不要です。

» ハワイの電圧・コンセント

出発前の最終チェック

パスポート飛行機のEチケット控え旅行会社の旅程表など
財布クレジットカード現金(円・米ドル)
パスポートコビー・顔写真運転免許証海外旅行損害保険証書

他の荷物は忘れてもとにかくパスポートと財布、レンタカーを借りるなら運転免許証(日本のでOK)だけは持っていきましょう。 あとは空港やハワイ到着後でも買えるものがほとんどです。

必需品!絶対に必要な持ち物

これがないとハワイには行けない!そんな持ち物はこちら。

パスポート(旅券)

旅券は申請から発行まで時間がかかる。有効な旅券を持っていないなら、早めに取得しておこう。 既に持っている人も、ビザ免除プログラムを利用して渡米する場合、パスポートの残存有効期間は米国に入国する日から少なくとも90日必要になる。

一部の在外公館において、2006年3月19日までに申請されたパスポートで機会読み取り式でないものがあります。 その場合は短期滞在目的であってもアメリカ入国の際にビザが必要とのこと。ご注意を。
参考:外務省: 米国へ渡航予定の方はパスポート(旅券)の確認を!

航空券のEチケット控え

2008年より航空券は完全に電子航空券化され、Eチケットと呼ばれるものになった。 航空会社のウェブサイトで予約した場合は「Eチケットお客様控え」などを印刷して持っていくか、予約したクレジットカードとパスポートのみでチェックインできる航空会社もある。

また個人手配で格安航空券の場合は引き換え書の場合あり。パックツアーの場合は必要ない。

クレジットカード

ハワイではほとんどのお店、サービスでクレジットカードが利用できる。 カードそのものがステータスにもなり、1枚あれば便利なので、持っていなければ作って行こう。 またレンタカーなどはクレジットカードがなければ借りることができない場合がある(現金の場合は多額のデポジットを要求される)。 現地ATMでキャッシングすれば現金にもできるので非常に便利。

» ハワイ旅行におすすめのクレジットカード

スマートフォン・携帯電話

ハワイで使える携帯電話があれば便利。アメリカはGSM方式なので、海外対応機種でも古い3Gのみ対応の機種は利用できない。必ずGSM方式に対応した機種か確認する。持っている機種が対応していない場合は、レンタルが簡単でお得。

旅行を楽しむ持ち物

ハワイ旅行の思い出を残すならカメラのチェックをお忘れなく!

海外Wi-Fiレンタル

旅行中どこでもインターネットに接続するなら海外Wi-Fiをレンタルしていくのがオススメ。 メールやLINEはもちろん、ショップやレストランの検索、通話アプリで日本との電話も、レンタルWi-Fiがあればパケットを気にする必要なし。

» ハワイ旅行でおすすめのWi-Fiレンタルはこちら

SIMカード

スマートフォンがSIMフリーなら、出発前にアマゾンなどで購入しておくのが便利。 空港に着いたらSIMカードを差し替えるだけで、ほんの数分でインターネットが使えるようになる。 ただし電話番号は変わるので注意しよう(メールやLINEなどインターネット接続するアプリはそのまま使用できる)。

» アマゾンで ハワイ sim をチェック

カメラ/充電器/メモリ−カード

旅行の思い出はやっぱりカメラで写真やビデオに残そう! 充電器を忘れず持っていこう。カメラ等の充電器はほとんど変圧機能が備わっているから、そのままコンセントに差して問題ない。

予備のバッテリーを持っていけば、長時間の外出や充電忘れにも対応できる。

写真たくさん撮ったり、高画質で撮るなら大容量のメモリーカードも忘れずに。 夜景やセルフで撮るならミニ三脚があるとカメラを固定できて便利。

現地に付いてから、バッテリーが入ってない!メモリーカードがない!とならないように自宅で1枚撮ってから行くと確実。

旅行ガイドブック

初めてのハワイなら必携。リピーターでも1冊あるとなにかと便利だ。 地図が見やすいもの、情報が新しいものを選ぼう。広告や宣伝ばかりのものは信頼性に欠けるので注意。

» ハワイ旅行の最新ガイドブックはこちら

あると便利な持ち物

なくてもなんとかなるけど、あるととっても便利な持ち物はこちら。

海外旅行保険証

海外旅行保険に加入していけば万が一の事故やトラブルの際に保険が利用できる。 クレジットカードの保険は利用付帯と自動付帯の2種類があり、カード払いでなければ適用されない利用付帯が多いの注意。海外での医療費は2001年から日本の国民健康保険が適用できる。ただし現地では一旦、自己負担となる。

ドル用の財布/コインケース

日本円を入れている財布を他に、ドル用の財布やコインケースを持っていくと便利。 入れ替える必要もないし、円とドルがごちゃごちゃになる心配もない。 また数日間の短期滞在ではドルのコインに慣れず、使えずに溜まってしまうことも多いので、コインケースだけ別に用意していくのもおすすめ。 日本円用の財布はホテルの金庫に入れっぱなしにしておけば問題ない。

ウェットティッシュ

海外で使えるのがポケットサイズのウェットティッシュ。レストラン、トイレ、ホテルの部屋で、衛生面が気になるときに便利。除菌対応がおすすめ!

お箸

テイクアウトしたものを部屋で食べるときに便利なのがお箸。とにかくこれが役立つんです。ハワイではお箸で食べやすい食事も多くおすすめです。

ボールペン

えっ?と思ってしまうが、これが意外に使える持物。機内では入国カードの記入に使えたり、現地でもメモと取ったりと便利なのです。 1本使いやすいものを携帯するのがおすすめ!

衣類

ハワイ旅行の準備で悩むのは服装など衣類。長袖もお忘れなく!

水着 / ビーチサンダル

ビーチで遊ぶなら水着とビーチサンダルがなければ始まらない。現地調達という手もあるが、日本で自分に合ったものを買っていくほうが余裕があっていいかもしれない。

短パンなど夏もの

日本に比べるとハワイはやはり暑いので、ロングパンツでは過ごしにくい。 男性ならやはり短パン、ビーサンが基本のスタイル。

長袖/ウインドブレーカー

日本が夏でも長袖を1着持っていくと、クーラーの効き過ぎた場所や、涼しくなったときは重宝する。ハワイ島マウナケア山頂への登頂や、ボルケーノ滞在を考えているなら、朝夕の気温はかなり下がるので長袖は必須。あとクーラーの効きすぎで注意なのが機内なので、真夏でも長袖を持って搭乗するのもおすすめしたい。

衣類圧縮袋

衣類をコンパクトに持っていくにも、現地で買ったTシャツを持って帰ってくるにも便利なのが圧縮袋。1枚余分に持っていくのがポイント!

ドライブするなら

レンタカーを借りてドライブするなら持っていきたいアイテムはこちら。

日本の運転免許証

ハワイでは日本の運転免許証があればレンタカーを借りることができる。 国際免許証でも問題ないが、レンタカー会社で提示を求められることはない。 事故や違反で警察に提示する場合でも日本の運転免許証で問題はない。 ただし日本の免許証では身分証明書としてはほとんど価値はなく、アルコール類を購入する際のIDとしても認められない。 国際免許証ならIDとしても利用できる。

サングラス

日差しが強いので、サングラスがあると便利。 レンタカーでの長時間ドライブには必需品だ。 移動中に壊さないようにハードケースに入れておこう。

サングラス

日差しが強いので、サングラスがあると便利。 レンタカーでの長時間ドライブには必需品だ。 移動中に壊さないようにハードケースに入れておこう。

スマホとオーディオを接続するUSBケーブル

最近はレンタカーにUSBポートがついており、カーオーディオと連動している。 充電用のコードと同じものが使えるが、ドライブにも持っていくと便利。

FMトランスミッター(USB接続できない場合)

iPhoneなどのスマートフォンやiPodなど携帯音楽プレーヤーを、レンタカーのオーディオで聴くなら、FMトランスミッターを持って行こう。 日本とは周波数が異なるので、対応している帯域に注意。 デジタルで調節できるものがオススメ。 旅行ではほとんど利用しないがトラックなど大型車種によっては電圧が異なるので注意。

機内で便利な快適グッズ

飛行機で少しでも快適にすごすなら必携のアイテムはこちら。

マスク

機内での乾燥防止にはマスクが一番!インフルエンザ対策にも有効です。

耳栓

騒音を軽減するなら耳栓は必携アイテム。 贅沢にBOSE製のノイズキャンセリングヘッドフォンという手もある。

アイマスク

機内で睡眠をとるならアイマスクがあれば、落ち着いて休むことができる。

ネックピロー

飛行機の座席では寝るときに首の位置が定まらずなかなか寝付けないこともある。 そんなとき活躍するのがネックピロー。自分で膨らますものが主流で、使わないときはコンパクトにまとまるので便利。

要注意!機内に持ち込めないもの

2007年3月より100ミリリットルと越えるあらゆる液体はそのまま機内に持ち込むことができない。

対象となる液体

あらゆる液体、飲み物類、調味料、(乾燥香辛料は除く)、スプレッド類(ジャム、バターなど)、缶詰め、加工水産、漬け物、 デザート・ヨーグルト、アイスクリーム類、健康食品・栄養保健食品 、 化粧品類、ジェル、歯磨き粉、エアゾールスプレー類、クリーム、ローション類、 液状リップクリーム、液状ファンデーション、香水、コロン、洗顔用品、マニキュア、喫煙用ライターなど

持込用の袋

液体を機内持込にしたいなら、透明のプラスチック製袋に入れる必要がある。 サイズも決まっており、容量1リットル以下(目安は縦20センチ×横20センチ以下)で、なおかつジッパーのついたもの。 さらに1人あたり1袋と数も制限されている。 それぞれの液体は100ミリリットル以下の容器に入っている必要もある。 透明ジッパー付きの袋は空港のショップでも売っているので、余裕があれば空港でも詰め替えることができる。

参考:航空:国際線の航空機客室内への液体物持込制限について - 国土交通省
参考:JAL - 航空機内への液体物持込み制限について
参考:成田空港:ジッパー付き透明プラスチック袋販売店

手荷物検査は航空会社にスーツケースなどの荷物を預けた後に通る場所。その場で持ち込めないものを持っていても、破棄することなるので注意が必要。 ベビーミルク、医薬品など搭乗中も必要とするもの、出国手続き後に買ったものについては制限されない。

ハワイ旅行いらない持ち物リスト

実は必要ない持ち物はこちら。

ビザ

日本人がアメリカ国内へ旅行目的で入国するのに90日以内の滞在であればビザは必要ない。

国際免許証

ハワイではどのレンタカー会社でも日本の免許証だけで手続きができる。事故のときにあると役立つという意見もあるが、国際免許証を不携帯という理由で不利になることはないだろう。

トラベラーズチェック

クレジットカードと少し現金があれば、トラベラーズチェックの利用価値はあまりない。

[最終更新:2015年12月]

» ページの先頭へ