ハワイでも意外と便利!レンタカーの乗り捨て制度

乗り捨てってどう利用する?

ハワイ島でのレンタカー乗り捨て ハワイ観光に便利なレンタカー。 とくにハワイ島、カウアイ島、マウイ島などを思いっきり観光しようと思ったら必須の移動手段です。

基本的には借りた場所で返すのがレンタカーの基本的な利用方法ですが、借りた営業所とは違う営業所で返したい場合、乗り捨て制度が便利です。

例えば右の図はハワイ島で乗り捨てを利用するときの一例。 ハワイ島コナ空港で借りて、ヒロ空港で返却といったことができます。 ほとんどのレンタカー会社でのその逆、ヒロで借りてコナで返すこともできます。

こんなときにも便利!

例えばオアフ島ホノルルからコナ空港への飛行機は予約がとれたけど、帰りは満席…。 それでもヒロからホノルル行きの便なら空席あり。 そんなときレンタカーの出発はコナで、帰りはヒロで返却すると便利ですね!

ヒロで乗り捨て、効率よく観光しよう!

広大なハワイ島は車を飛ばしても半周3時間くらいかかることも。 コナ空港でレンタカーを借りてコナ方面に宿泊するけど、キラウエア火山を観光してそのままホノルルへ行きたい。 そんなときはキラウエア火山のあるハワイ火山国立公園に近いヒロ空港で返すと便利です。 同じ道を何時間もかけてドライブする時間を省くことができます!

ホノルル空港とワイキキの乗り捨ても便利!

ホノルル空港ワイキキ間のレンタカー乗り捨て ハワイ旅行でもっとも利用頻度の高い乗り捨て区間はホノルル空港とワイキキです。 例えば到着日だけレンタカーを使い空港からそのままノースショアへ、夕方に返却して翌日からはバスやトロリーで買い物へ、なんてコースもおすすめです。

逆に到着日はツアーのバスを利用してワイキキへ、翌日あたりからワイキキでレンタカーを借り、帰国日はそのまま空港で返却のコースも便利です。帰国便が遅ければアラモアナセンターで買い物してから自分で空港へ行くこともできますね!

ホノルルマラソン旅行でも乗り捨てが大活躍!

例えば、ホノルルマラソン参加時にホノルルでの乗り捨てを利用。 マラソン当日はレンタカーに乗らない予定なら、大会前日にワイキキの営業所に返却。大会翌日にまたワイキキで借りて帰国日にホノルル空港で返却すると効率的です。

英語で乗り捨ては?

one way(ワンウェイ)が一般的。乗り捨て料金という意味では drop charge(ドロップチャージ)や drop-off charge という表記も。

乗り捨て料金を比較

レンタカー会社によってもけっこう差が出るハワイの乗り捨て料金。 ニッポンレンタカーはホノルル空港-ワイキキ間が無料とそれだけでかなりお得!

レンタカー会社 / 区間ホノルル空港-ワイキキハワイ島ヒロ-コナ
アラモ30ドル45ドル
エイビスワイキキ営業所なし無料
ダラー30ドルヒロ空港→コナ空港 85ドル
コナ空港→ヒロ空港 55ドル
ハーツ20ドル20ドル *車種によって無料
バジェット100ドル *車種によって無料100ドル *車種によって無料
ニッポン無料無料

こちらの料金表はレンタカー会社の予約システムやWeb記載の料金表を参考にしています(2010年8月調べ)。 変更になっている場合がありますので、最新情報は各レンタカー会社へお問い合わせください。

その他の区間

レンタカー会社区間料金
ダラーカフルイ空港-カアナパリ営業所40ドル
コナ空港→キング・カメハメハ・ホテル35ドル
キング・カメハメハ・ホテル→コナ空港50ドル
フェアモントオーキッド・ホテル - ヒロ空港・コナ空港75ドル
ヒロ空港→キング・カメハメハ・ホテル75ドル

ページの先頭へ