ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ラナイ島への航空券・飛行機の予約方法

日本からラナイ島までの飛行機・航空券の予約方法を解説。ホノルルでの乗り継ぎやフェリーでの行き方については、ラナイ島へのアクセスも合わせてご覧ください。

ホノルルまでの国際線とラナイ島まで国内線をまとめて買う方法

ラナイ島への日本からの直行便がない為、国際線と国内線のフライトに乗る必要があります。航空券はまとめて購入することができますので、別々に手配するのが面倒であれば、一括での予約・購入がおすすめです。

航空会社の公式ウェブサイト

航空会社の公式サイトでは、日本各地からラナイ島までのチケットをまとめて検索・購入できる場合があります。ANA、ユナイテッド航空、デルタ航空のウェブサイトでラナイ空港(LNY)までの検索できます。

格安航空券の予約サイト

格安航空券(IT)も正規割引運賃(PEX)もまとめて検索・購入ができる航空券の予約サイトでは、複数の航空会社、複数の券種をまとめて検索することができます。ena(イーナ)トルノス(JTB)イーツアー、DeNAトラベル(スカイゲート)などが知られています。

格安航空券の比較サイト

Yahoo!トラベル、トラベルコちゃんなどの比較サイトでは、複数の旅行会社からまとめて格安航空券を比較することができます。予約・購入はそれぞれの旅行会社サイトで行います。

ラナイ島泊+オアフ島泊の旅程とするなら、航空券はオアフ島でストップオーバー(途中降機)扱いとするのが一般的です。一部、複数都市滞在での検索ができない航空会社ウェブサイトや航空券予約サイトがあります。

国際線と国内線を別々に予約する方法

日本からオアフ島ホノルルまでの航空券とホノルルからラナイ島までの航空券を別々に予約すると、安くなる場合がありますので、国内線を自分で手配することができればチェックしておきましょう。

日本からの国際線を手配する

まずは日本からホノルルへの航空券を手配します。国際線の手配についても、このページで最初にご紹介した「まとめて買う方法」と同じ予約方法があります。できるだけ乗り継ぎをスムーズにしたい場合は、事前にラナイ島行きの国内線スケジュールもチェックしておくと便利です。

国内線を予約する

ラナイ島への飛行機は、オアフ島ホノルルまたはマウイ島カフルイからの国内線(インターアイランド路線)があります。日本から直行便があるのは、ホノルルだけなので、ホノルル空港からラナイ空港への国内線でアクセスするのが一般的です。

オハナ バイ ハワイアン(HA)

ホノルルからの便が最も多いのは、ハワイアン航空の別ブランドであるオハナ バイ ハワイアンです。 チケットはハワイアン航空のウェブサイトや航空券予約サイトで購入できます。

» オハナ バイ ハワイアンについて

アイランドエアー(WP)

※2017年11月10日をもって運航を終了しました

ホノルル-マウイ島カフルイ-ラナイ島のルートで飛んでいるのがアイランドエアーです。公式ウェブサイト(英語)からオンライン予約することができます。

» アイランドエアーについて

モクレレ航空 / go!(YV)

モクレレ航空はホノルルとマウイ島カフルイからのフライトを運航しています。go!エアラインと提携しており、どちらの公式ウェブサイトからもオンライン予約が可能です。

国際線と国内線を分けて手配する場合、国内線を自由に手配できる為、島ごとの宿泊日数を調整するときは便利です。例えば、オアフ島2泊+ラナイ島1泊+オアフ島2泊など。

[最終更新:2015年12月]

» ページの先頭へ