ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ・ホノルル行きのビジネスクラス

Business Class

ビジネスクラスとは

ビジネスクラスとは旅客機で採用されている上級クラスのこと。航空会社によって独自の名称を設けて、シートクラスのブランドとして定着をはかっている。

ホノルル線ではJALがエグゼクティブクラス、ANAがビジネスクラス、デルタ航空がビジネスエリートとしている。

日本からハワイへは、チャイナエアラインが唯一ファーストクラスを導入している。

エアラインによって異なるサービス

ビジネスクラスの特徴のひとつに航空会社によってサービスが異なるという点がある。シートの形状やラウンジ、機内食とった各種サービスに大きな違いが見られる。

空港到着までのサービス

エコノミーでは有料のサービスが無料で受けられるのもビジネスの特徴で、自宅から空港までの送迎、荷物の手荷物配送の手配などを利用できる。

シートがゆったり

ハワイ行きの便は所要時間が北米やヨーロッパと比べて短い為、航空会社自慢の最新シートが導入されることはないが、ビジネスクラスならではの長めのシートピッチとゆったとした横幅があり、足を伸ばしてゆっくりと座ることができる。またフルフラット近くまで座席の背もたれをリクライニングさせることができる。

機内食が充実

上級クラスの機内食はエコノミーとは異なるメニューで提供される。エコノミーがお弁当といった機内食のに対して、ビジネスやファーストはレストランのディナーくらいの差がある。シーズンや路線によってメニューを変えているエアラインも多い。

ビジネスクラスにも格安航空券がある

エコノミーの格安航空券は一般的だが、ビジネスクラスでも安いチケットが出る場合もある。航空券に強い旅行会社のウェブサイトでチェックするのがおすすめ。

ホノルル線のビジネスクラスを比較

同じ航空会社でも便によって機材(飛行機の機種)が異なり、シートの配置や種類も異なる場合がある。またホノルル線には北米やヨーロッパ路線よりも簡易的な機能の座席となる場合がほとんど。

航空会社機材座席数シート
JAL 日本航空B767 / B77730席 / 63席JALスカイラックスシート
ANA 全日空B767約35席ANA BUSINESS CRADLE
ユナイテッド航空B77740席
デルタ航空B744 / A33341席 / 36席
ハワイアン航空B76318席
チャイナエアラインB74464席ビジネスクラス

ホノルル行きで利用できる空港ラウンジ

上級クラスを利用すると空港ラウンジを無料で利用できる場合がほとんど。日本-ハワイ線では成田、羽田、中部、関西のいずれの空港でもラウンジで出発前にのんびりすることができる。

羽田空港には到着ロビーにも

新国際線ターミナルがオープンした羽田空港にはJALとANAが到着専用のラウンジを設置。ホノルルからビジネスクラスでの到着にはラウンジを利用できる。

航空会社空港ラウンジ名
JAL 日本航空成田・羽田・中部・関空・ホノルルサクララウンジ
ANA 全日空成田・羽田ANA LOUNGE
ホノルルレッド・カーペット・クラブラウンジ
ユナイテッド航空成田・ホノルルレッド・カーペット・クラブラウンジ
ハワイアン航空ホノルル・ヒロ・コナ・カフルイ・リフェPremier Club ラウンジ
チャイナエアライン成田・ホノルルダイナスティラウンジ

» ページの先頭へ