ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ行き航空券にも必要な空港税を解説

空港税とは?

航空券を買うときに上乗せされる空港税を解説! 例えば成田-ホノルル線の利用なら航空運賃以外に為替レートによって7,500円前後も空港税が必要。

空港税の内訳はこんなにある!

ひとことで空港税といっても詳細を見てみると、こんなにも多いのかと驚くほど。 ここではハワイ旅行で必要な空港税をチェックしてみましょう。

旅客サービス施設使用料(PSFC)

旅客サービス施設使用料は主に日本の空港を利用するときに必要な税金。 旅客サービス施設使用料は空港によって異なる。

空港大人小人幼児
成田空港2,090円1,050円なし
羽田空港2,570円1,280円なし
中部国際空港2,570円1,290円なし
関西国際空港2,730円1,330円なし
福岡空港970円490円なし
新千歳空港1,030円520円なし

※小人は2歳以上

旅客保安サービス料(PSSC)

成田空港ではセキュリティの強化を目的として旅客保安サービス料を徴収している。

空港大人小人幼児
成田空港520円520円なし
関西国際空港310円310円なし

※小人は2歳以上

空港施設使用料

空港施設使用料はアメリカ合衆国入国の際に必要な空港税のひとつで、日本の旅客サービス施設使用料と徴収目的はほぼ同じ。

空港大人子供
ホノルル空港$4.50(約400円)

税関審査料

税関審査料(U.S. Immigration and Naturalization Fee)はアメリカ合衆国入国の際に必要な空港税のひとつ。

空港大人子供
ホノルル空港など$5.50(約480円)

動植物検疫使用料

動植物検疫使用料(U.S. Animal and Plant Health Inspection Service (APHIS) Fee)はアメリカ合衆国入国の際に必要な空港税のひとつ。 ふつうの観光旅行なら特に厳しくチェックされることのない動植物検疫だが、空港税としてしっかり徴収されている。

空港大人子供
ホノルル空港など$5.00(約440円)

入国審査料

入国審査料(U.S. Immigration and Naturalization Fee)はアメリカ合衆国入国の際に必要な空港税のひとつ。

空港大人子供
ホノルル空港など$7.00(約610円)

国内通行料

国内通行料 (U.S. International Transportation (Arrival/Departure) Tax)はアメリカ合衆国入国の際に必要な空港税のひとつ。 アメリカの空港税の内訳ではもっとも高い。

空港大人子供
ホノルル空港など$16.10(往復で約2,800円)

保安サービス料

保安サービス料(September 11th Security Fee)日本でも成田空港で徴収されているセキュリティ強化を目的とした諸税。

空港大人子供
ホノルル空港など$2.50(約220円)

» ページの先頭へ