ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ・ホノルルの航空券を安く買う比較情報

一般的に格安航空券と呼ばれるものには2種類がある。1つはペックスと呼ばれる航空会社の正規割引運賃。 もう1つはツアー用など航空券をバラ売りしたものでIT運賃と呼ばれる。 現在は一概にどちらが安いとは言えないので、自分のスタイルにあったものを選ぼう!

ハワイ行き航空券にかかる費用の計算方法はこちら!
航空運賃 + 燃油サーチャージ航空保険特別料金空港使用料 + 米国入国税

PEX 正規割引運賃

航空会社が独自に設定している正規の割引運賃でペックスと呼ばれる。

どこで予約?

【航空会社】
エアラインのウェブサイトまたは電話などで予約できる。オンラインの場合、発券手数料は必要ないことが多い。

【旅行会社】
同じ価格だが旅行代理店でも予約できる。ただし発券手数料(1000〜4000円が相場)がかかる場合がほとんど。

■ ここがポイント ■

航空会社のサイトでも旅行会社でも価格と空席状況はほぼ一緒!しかし旅行会社では発券手数料が必要な場合がある。

予約の変更ができるか?

正規割引運賃にもFIX、FIX/OPEN、OPENに分類され、それぞれ予約の変更ができるできないが異なる。 FIXは復路の変更ができない航空券で、最も条件が厳しい正規割引運賃。 FIX/OPENは一定の条件のもと復路の変更ができる。 OPENは復路の日程を決めなくても購入ができる。

条件をチェック

現地滞在日数の制限がある。 例えばANAのスーパーエコ割WEBは「土曜日の滞在を含み2日〜35日」、エコ割7WEBは「2日〜2ヶ月」と制限がある。

ホノルル+離島の旅程では、ホノルルでのストップオーバー(途中降機)ができるチケットとできないチケットがある。

離島へ行くなら

ホノルル空港で乗り継いでそのままハワイ島、マウイ島、カウアイ島まで行くなら、国際線と一緒に予約するとお得な追加運賃で予約出来る場合がある。 相場はホノルル〜離島の往復で10,000〜20,000円。

IT 格安航空券

本来はツアー用の航空券を旅行会社が航空券のみを販売するものでエアオンと呼ばれる。

どこで予約?

【航空会社】
予約できない。

【旅行会社】
近年では大手旅行代理店でも扱っているが、航空券専門の旅行会社はさまざまなチケットを販売している。発券手数料がかかる場合がある。

■ ここがポイント ■

旅行会社によって多種多彩なチケットを用意しているが、利用出来る便や時期に制限がある場合がほとんど。 パッケージツアー用の座席だが、ツアーに参加することはできない。 発券手数料が必要な場合がある。

予約の変更ができるか?

基本的には予約の変更はできない場合がほとんど。

条件をチェック

利用可能な便
日本国内線の乗り継ぎ便の有無


航空会社によって正規割引運賃のブランド名は異なり、運賃や燃油サーチャージの設定額も変わってくる。 日本の出発地も考慮してエアラインを選ぼう。

JAL 日本航空

かつては日本のフラッグキャリア。 今でもハワイと言えばJALと言えるほどハワイ便は多い。 アライアンスはワンワールド。

路線

成田-ホノルル,中部-ホノルル,関西-ホノルル,成田-ハワイ島コナ(2010年10月から撤退),羽田-ホノルル(2010年10月末から)

正規割引運賃

ダイナミックセイバー5(5日前まで購入可)
エコノミーセイバー

ANA 全日空

ハワイ路線は少ないが、同じスターアライアンスのユナイテッド航空とはコードシェア便を設定しているのでマイルの相互利用ができる。

路線

成田-ホノルル
羽田-ホノルル(2010年10月末から)

正規割引運賃

スーパーエコ割WEB(出発前日まで)
エコ割7WEB(出発7日前まで)
エコ割スタンダードWEB(出発前日まで)

空席を探す


DL デルタ航空

アメリカの大手航空会社。 2008年にノースウエスト航空を吸収合併、ノースウエストの日本ハワイ線もデルタが引き継いだ。 アライアンスはスカイチーム。

路線

成田-ホノルル,関西-ホノルル,中部-ホノルル(2010年12月22日から)

正規割引運賃

スカイペックス

燃油サーチャージ

往復

UA ユナイテッド航空

スターアライアンスの中核エアライン。 日本ハワイ路線はANAとの相互的にコードシェア便となる。 2010年5月、コンチネンタル航空との合併を発表した。

路線

成田-ホノルル

正規割引運賃

United Go Fares

燃油サーチャージ

往復 12,000円
往復 17,000円(2010年8月1日以降購入分)

出発地別の航空券&アクセス

おすすめ海外航空券オンライン予約サイト

海外格安航空券ena (イーナ)

ena(イーナ)
支払:クレジットカード,銀行振込,コンビニ払い
特徴:格安航空券も予約可 / ホテルとのセット予約でさらにお得

エクスペディア Expedia
支払:クレジットカード
特徴:空席のみ表示 / 発券手数料無料 / 24時間電話サポート

» 海外航空券のおすすめ予約サイト・旅行会社

航空券代金以外に必要な費用

航空券と一緒に支払う諸費用はまだまだあります。

空港の施設使用料

成田空港では旅客サービス施設使用料(PSFC)として大人2,040円、子供1,020円が必要です。 また旅客保安サービス料(PSSC)として大人・子供ともに500円も加算され、合計で大人2,540円、子供1,520円となります。

» ページの先頭へ