ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイ旅行に便利なクレジットカード特集

Credit Cards

クレジットカードがあると断然便利!

ハワイ旅行にクレジットカードは1枚は絶対に必要です!ホテル、レストラン、ショッピングはもちろんクレジットカードがなければ受けられないサービスもあります。まだ持っていない方は、旅行前にぜひ作っておきましょう。

ホテルのチェックインで

ホテル予約はもちろん、現地でのチェックイン時にもクレジットカードの提示を求められることがほとんど。 デポジットや宿泊料金に含まれていないリゾートフィー、駐車場料金などの支払いに利用できます。

レンタカーではカード必須

日本で先払いしていくクーポンがあっても、カウンターでクレジットカードの提示を求められます。カードがない場合、高額の現金をデポジットとして請求される場合があります。

ハワイのATMでお金が引き出せる

国際ブランドのカードなら銀行、空港、ショッピングセンターなどのATMでキャッシングをすることができます!現金が残り少なくなったら、キャッシングするのも便利です。

少額の買物でも気軽に使おう

ハワイやアメリカでは1,000円未満のショッピングでも、クレジットカードがよく使われています。 お店によっては5ドル以上などの最低利用額がある場合もありますが、現金よりも便利なクレジットカードの利用がおすすめです。

ブランドはどうする?

クレジットカードにはVISA、マスター、ダイナース、アメリカン・エキスプレス、JCBなどの国際ブランドがありますが、間違いないのはVISA、マスターです。 ホノルルのレストラン、ショップではJCBでも不便はありませんが、離島の小さなショップやB&BなどではJCBが使えない場合があります。 ホノルルでも一部の大手チェーン店であってもJCBが利用できない場合があります。

サインは日本語でOK!カード書面と同じものを

クレジットカード利用時のサインはカード裏面と同じものを記入します。ハワイだからと言って、英語で書く必要はありません。

パスポートの提示が必要な場合も

クレジットカードを利用するときに、ハワイでも本人確認が必要になることがあります。 パスポートなどのIDを求められる場合がありますので、常に携帯しておきましょう。

便利な英会話

JCBは使えますか? > Do you accept JCB?

クレジットカードは使えますか? > Do you accept credit cards?

[店員] 支払いは現金かカードどちらにしますか? > Cash or charge?
[客] カードでお願いします。> Charge, please.

クレジットカード選びのポイント!

年会費

年会費が永年無料のカードも続々登場!ただし保険や利用限度額に制限がある場合が多いのでチェックしましょう。

保険

海外旅行傷害保険はまず自動付帯か利用付帯かをチェック!
補償内容にも目を通してみましょう。

利用限度額

カードのクラス(スタンダード、ゴールドなど)によって利用限度額が異なります。

写真入り

写真入りなら万が一紛失したときの悪用を防ぐことができます。

マイル

航空会社のマイルを貯めるなら、提携カードが断然おすすめ!ハワイ便のあるJAL、ANA、ユナイテッド航空、デルタ航空、ハワイアン航空、チャイナエアラインの提携カードがあります。

国際ブランド

国際ブランドとはVISA、マスター、ダイナースクラブ、アメリカン・エキスプレス(アメックス)、JCBなどのこと。ハワイではビサ、マスターがほとんどの店舗で利用できます。

提携カード

多くのメーカーやショップ、企業が提携カードを発行しています。航空会社もそのひとつですが、趣味などでよく利用するショップやブランドの提携カードを選ぶと普段の生活でとっても便利!

即日発行

出発まで時間がない!そんなときはスピード審査、即日発行もしくはスピード発行のカードを検討してみましょう。

家族カード

家族で同じクレジットカードを持つなら家族カードの有無も要チェック!家族会員は保険、限度額が異なる場合が多いので、その点もチェックしてみましょう。

学生カード

学生はクレジットカードの審査が比較的すんなり通ります。在学中は年会費無料の場合がほとんど。好きなブランドで学生カードがないかチェック!

クレジットカードの海外旅行傷害保険

最近のクレジットカードは海外旅行障害保険が付帯しているのが当たり前!でもクレジットカード利用のサービスにしか適用できなかったり(利用付帯)、カードによって補償内容が異なるので、申し込み前にチェックしてみましょう。

保険内容

傷害死亡・後遺障害

旅行中(責任期間中)の事故によるケガの為に、事故日を含めて180日以内に死亡または後遺障害が生じた場合に支払われる。
相場:1000〜5000万円くらい

傷害治療費用

旅行中(責任期間中)の事故によるケガの為に、事故日を含めて180日以内に医師による治療を受けた場合に支払われる。
相場:50〜150万円くらい

利用付帯と自動付帯

クレジットカードの海外旅行傷害保険には大きく分けて2種類あり、クレジットカードカードを持っているだけで保険が使える自動付帯と、クレジットカードカードで旅行代金や公共交通機関の代金を支払った場合に保険が適用できる利用付帯があります。 利用付帯には制限が多いので、自動付帯のカードのほうがおすすめです。

年会費永久無料のクレジットカード

楽天カード
日本でもハワイでもショッピングに使うなら年会費永年無料の楽天カードで決まり!ハワイでも100円=1ポイント、楽天市場なら100円=2ポイントの高還元率!貯めたポイントは1ポイント=1円で利用できる!

航空会社で比較する

JALカード
JALマイレージバンクと連携したクレジットカードだからショッピングでもマイルがどんどん貯まる!スイカ、ビューカード付きも登場してもっと便利に。ハワイへの便数が多いJALだからリピーターに人気。

写真付きで比較する

三井住友VISAカード
クラシックカードは最も一般的なクレジットカードで、写真入りカードにもできる!世界で使えるVISAがあるから、ハワイではどんな店でも決済OK!最高2,000万円の海外旅行傷害保険。

女性向けカードで比較する

三井住友VISAアミティエカード
三井住友VISAの女性専用カード。最高2,000万円の海外・国内旅行傷害保険付き(*国内は利用付帯)で、年間100万までのお買物安心保険付きだからカードでのショッピングが楽しくなる!

クレジットカードでホノルル空港のラウンジを使う!

クレジットカードでホノルル空港のラウンジが利用できるのをご存知ですか?出国手続き後、搭乗するまでゆっくりと過ごすことができます。

IASS EXECUTIVE LOUNGE (アイ・エー・エス・エス・エスエグゼクティブ ラウンジ

AMEX、JCB、UC、セゾン、オリコのプラチナ会員・ゴールド会員などが利用できるホノルル空港のラウンジ。

営業時間:7:30~13:30,14:00~18:00
同伴者料金:1名様につき13ドル,4~12歳:6ドル,3歳以下無料
詳細:ラウンジ事業 | IASS 株式会社アイ・エー・エス・エス

» ページの先頭へ