ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ホノルル空港で国内線への乗り継ぎ方法

よくある乗り継ぎの質問

乗り継ぎにはどのくらいかかりますか?

航空会社側では国内線から国内線への乗り継ぎは2時間を目安にして案内しています。

実際にはそれほど混雑していない時期なら、1時間ちょっとで乗り継ぎできますが、逆に混雑する時期は2時間以上かかることもあります。

ただし1時間半しか乗り継ぎ時間をとっておらず乗り遅れても、補償されないことがあるので注意が必要です。

国際線と国内線のターミナルは違うのですか?

違います。国内線は航空会社によって異なります。 ハワイアン航空、モクレレ航空のジェット線(ハワイ島コナ行き、カウアイ島リフェ行き)はインターアイランド・ターミナル、 アイランドエア、go!、モクレレ航空のセスナ線、パシフィックウイングはコミューター・ターミナルです。

コードシェア便に注意
ハワイアン航空とアイランドエアにはコードシェア便があります。 ラナイ島行き、モロカイ島行き、マウイ島カパルア行きはアイランドエアによる運行なので、コミューターターミナルです。

歩いても移動できます?

できます。国際線から到着後の入国審査、税関はインターアイランド・ターミナルに近い位置なので、歩いても5分かかりません。 距離にして100メートルほどです。

預けた荷物はどうすればいいのですか?

国際線を降りた後に一旦引き取ります。

日本の空港で最終目的地(離島)まで預ける手配をしていれば、税関内の手荷物乗継ぎカウンター(団体出口の手前右側)で再び預けます。 これを Reboarding または Baggage Transit といいます。 自分が乗る便とは違う便で荷物が運ばれる場合があります。

日本の空港でホノルルまでしか預ける手配をしていなければ、国内線のターミナルまで自分で運んで、利用する航空会社で預ける手続きをします。

乗り継ぎでのターミナル間の移動

ホノルル空港到着後、他の島にそのまま乗り継ぎをする場合はインターアイランドターミナルまたはコミューターターミナルへ移動します。

歩いても乗り継ぎできる

インターアイランドターミナルまたはコミューターターミナルへは税関を過ぎたら個人旅行でも左手にある団体旅行用の出口から出たほうが近道。 出口を出たらエスカレーターで上へ上がり、歩道を左手に進みます。ハワイアン航空のインターアイランドターミナルはすぐそこ、 アイランドエアー、Go!、モクレレ航空、パシフィックイングのコミューターターミナルはインターアイランドターミナルを過ぎてさらに奥(山側)になります。

無料シャトルバスもある

各ターミナル間を走っている無料のシャトルバスもあります。 コミューターターミナルは歩くと少し遠いので、バスを利用するのもおすすめです。

ホノルル空港での乗り継ぎ案内地図

荷物(日本→ハワイ)

荷物はいったん受け取ってまた預ける

そのまま乗り継ぎする場合に気になるのが荷物。 日本の空港で離島の空港まで荷物を預ける手続きをすることもできますが、税関前に一度受け取る必要があります(スルー不可)。

チャイナエアラインからの乗り継ぎ

成田または台湾からホノルル便に乗り、ホノルル空港で国内線に乗り継ぎ場合、荷物の預かりはホノルルまでになります。

ホノルル国際空港よりハワイ近隣諸島へお乗り継ぎされるお客様へ 2008年7月29日

チャイナ エアラインでは、ホノルル国際空港からハワイ近隣の離島へお乗り継ぎされるお客様の受託手荷物につきまして、出発地の成田空港より最終目的地までお預かりしておりましたが、受託手荷物特別料金における規定が、各航空会社によって異なるため今後はホノルルまでのお預かりとなります。

参照:ホノルル国際空港よりハワイ近隣諸島へお乗り継ぎされるお客様へ | チャイナ エアラインへようこそ | China Airlines

荷物の手配

1. 日本出発時に最終目的地までチェックインする方法
既に離島行き(インターアイランド)のチケットを持っていることが条件。 日本の空港カウンターで離島行きのチケットまたは予約控えを見せて、最終目的地までチェックインしてもらう。 ホノルル空港では税関前に通常通り荷物を受け取るが、税関後すぐに目の前の税関内乗継ぎカウンターで預けることができる。 便の変更などがなければ、インターアイランドターミナル、コミューターターミナルではそのままセキュリティーチェックに進んでも構わない。

2. 日本出発時はホノルルまでチェックイン、ホノルルで離島までチェックインする方法
国際線は国際線、国内線は国内線で、別々に荷物をチェックインする方法。 離島行きの便をまだ予約していない場合や自分で運びたい場合こちらになる。 税関前に荷物を受け取り、インターアイランドターミナル、コミューターターミナルもしくはまで自分で荷物を運び、航空会社のカウンターでチェックインする。

荷物(ハワイ離島→日本)

荷物は預けたままもできる(スルー可)

離島の空港で最終目的地(日本の空港)まで荷物を手配(チェックイン)した場合は、ホノルル空港で一旦荷物を受け取る必要はありません。 これをスルー(通し)といいます。

離島でホノルルまでしか荷物のチェックインをしていない場合は、到着したターミナル(インターアイランドまたはコミューター)で一旦荷物を受け取ってから、 国際線の航空会社でまた預け荷物のチェックインをします。

空港内の案内図

ホノルル空港での入国の案内図

» ページの先頭へ