ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイの空港を便利に快適に使う利用ガイド

Airports in Hawaii

※写真・画像の無断転載・引用は禁止です

定期便のあるハワイの主要空港

空港3レター特徴
ホノルル国際空港HNLオアフ島日本からの国際線が到着,州最大の空港
カラエロア空港JRF西部のカポレイ近くにある空港
コナ国際空港KOAハワイ島オープンエアー,JAL直行便は2010年廃止
ヒロ国際空港ITO町の中心部に近い,キラウエア観光の玄関口
ワイメア・コハラ空港MUEカムエラ空港とも呼ばれる
カフルイ空港OGGマウイ島島の主要空港,多くの便が離発着する
カパルア空港JHM西岸の小規模空港
ハナ空港HNM東岸の小規模空港
リフェ空港LIHカウアイ島島の主要空港
ラナイ空港LNYラナイ島島の主要空港
モロカイ空港MKKモロカイ島島の主要空港,ホオレフア空港とも呼ばれる
カラウパパ空港LUPカラウパパ半島への貴重なアクセス手段

ハワイの空港はおもしろい!

空港と言えばどこの国でも玄関口。 ほとんどの観光客が最初に降り立つホノルル空港、日本からの直行便もあり南国の雰囲気が抜群なハワイ島コナ空港などハワイの魅力的な空港を紹介します!

お土産はなんでも揃う

ハワイの空港にはギフトショップが多い。 ホノルルでは搭乗手続きを済ませた後でも、配る程度のお土産ならほとんどの買い物が済んでしまうほど。 食品、雑貨、ブランド品、化粧品、売店では切り花や苗なんかも売っています。

免税店のある空港はここ

帰りの空港でお買い物という方も多いはず。 DFSギャラリアがあるのはホノルル、ハワイ島コナ、マウイ島カフルイで、ホノルルがショップの数も品揃えも一番。

開放感あるコナ空港

コナ国際空港の出発エリア

ホノルル発着数も多く近代的な空港であるのに対して、ハワイ島のコナ空港はハワイの気候を活かしたオープンエアーの造りになっています。 これが国際空港?!と思えるほど開放的で、飛行機の乗り降りはもちろん滑走路、チケットカウンターも荷物の受け取り場所も屋根はあるものの、ほぼ外なのです。 搭乗手続きを済ませた後のスペースも屋根のない場所が多く、雨が降り出すとちょっと面倒ですが、コナ空港のファンは多いようです。

交通機関があるのはホノルルだけ

ハワイの空港で路線バスなどの公共交通機関があるのはホノルルだけと思って間違いない。 マウイ島にも路線バスが走っているが、地元の人向けの路線なので、観光ではあまり利用価値はない。 それに路線バスには大きいスーツケースは持ち込めない決まりになっていることもあり注意が必要。 シャトルバスが頻繁に走っているのもホノルルだけだ。

離島では基本的にタクシーかレンタカーを利用しなければ町には出られないので、個人旅行で行く場合は計画をしっかりと立てて行こう。 何も考えずに行くと、ラナイ島、モロカイ島はもちろんコナ、リフェ、カフルイでも途方に暮れることになる。 ヒロは町まで歩けますが、おすすめはしません。

こんな空港もある

ハワイにはまだまだ小さな空港がたくさん!あまり知られていない空港を紹介します。

ハワイ島 - ウポル空港

ハワイ島ノースコハラ、島の最北端に位置する空港。海岸線にあり、滑走路の向こうにはマウイ島がよく見えます。 ハイウェイから牛が放牧されている牧草地を抜け海岸線まで行くと空港に着く。 空港からさらに西へ砂ほこり舞う悪路を進むと、カメハメハ王生誕の地と呼ばれる神聖なパワースポットがあります。

カウアイ島 - プリンスビル空港

カウアイ島北岸をドライブしていると、ハイウェイ沿いに滑走路が見えてきます。 かつてはプリンスビルリゾートホテルの宿泊客をホノルルから送迎する為に利用していたといいます。 その当時の航空会社が現在のアイランドエアーとなっています。 現在は定期便もなくパシフィックウイングのチャーター依頼もウェブサイトからは出来なくなっています。


空港特徴
カラエロア空港オアフ島パシフィックウイングのチャーター便可
ディリンガム飛行場体験飛行などのアクティビティ,パシフィックウイングのチャーター便可
ワイメア・コハラ空港ハワイ島パーカー牧場横,パシフィックウイングのチャーター便可
ウポル空港島最北端,アクティビティ,パシフィックウイングのチャーター便可
ポートアレン空港カウアイ島パシフィックウイングのチャーター便可
プリンスビル空港アイランドエアー創業地
カラウパパ空港モロカイ島パシフィックウイングのチャーター便可

ハワイの空港はここにある

» ページの先頭へ