ハワイでは日本語が通じる?通じない?現地の実情を解説!

ハワイ旅行で日本語はどこまで通じるのかを場所やサービスごとに解説。日本人スタッフのいるホテルやショップ、飲食店、日本語が通じづらい場所やサービスについて、気になる疑問にお答えします。

ハワイでは日本語が通じる?

ホテルのフロントデスク
ホテルのフロントデスク

日本からの海外旅行で人気のハワイ。 その理由に日本から直行便で行きやすいことや、ショッピングやグルメ、そして美しいビーチが楽しめるということもあります。

また日本語が通じる、といったイメージもあり、英語が苦手でも安心して楽しめる海外旅行先として定番ですね。 では本当にハワイでは日本語が通じるのか?今回はそんな疑問にお答えしていきます。

日本語が通じるのは一部

結論を言うと「ハワイで日本語が通じるのはごく一部」であるということです。

ハワイ州の公用語は「英語」と「ハワイ語」で、多くの方が日常生活で使用しているのは英語。

日本では「日本語」が日常生活で使われており、ほとんどの方が英語を学校で学習し、自分で勉強することもありますが、ハワイではみんなが「日本語」を勉強しているわけではありません。

では、どんな場所で日本語が通じるのか、かんたんにチェックしてみましょう!

旅行会社のサービスデスクやラウンジ

ホノルル空港に到着して左側のツアー出口へ進めば、パッケージツアーのスタッフが出迎えてくれます。 日本の旅行会社で申し込んだツアーなら、ここでは日本語が通じます。

パッケージツアーなら空港からの送迎でも、英語が必要なことはほとんどありません。

日本語スタッフのいるホテル

日本からのツアー客が多いホテルでは、日本語スタッフがいる場合があります。

チェックインも専用デスクがあったり、困ったときに電話やサポートデスクで日本語で相談できるのが安心感がありますね。

日本語スタッフのいる店舗・サービス

ワイキキを中心とするショップやサービスです、日本語が話せるスタッフがいる場合もあります。 日本から仕事でハワイに滞在している日本人スタッフやハワイなどで日本語を勉強したスタッフは、日本語で対応してくれます。

しかしワイキキを出ると、オアフ島でも日本語が話せる方は極端に少なくなります。 ほとんどいない、と言い切っても良いくらいです。

またハワイ島やマウイ島、カウアイ島、ラナイ島、モロカイ島では、日本語が通じることはほぼない、と考えておきましょう。

日本語スタッフのいる現地ツアー

ハワイではオプショナルツアーで観光するのも定番です。

街を散策したり、海でのシュノーケリングなどのアクティビティ、レンタカーでは行きづらい場所へ送迎・観光があったり、現地ツアーはとっても便利です。

日本語スタッフがいるかどうかは、事前に確認できることが多いので、英語が不安であれば事前にチェックしておくのがオススメです。

ホノルル空港のチェックインカウンター

帰りにホノルル空港でチェックインする場合、日本行きのフライトが集中する時間には、日本語が話せるスタッフが対応していくる場合が多くなっています。 コナ空港でもJALの成田行きでは、日本語が話せるスタッフが対応してくれます。

入国審査

ホノルル空港やコナ空港での入国審査では、日本語で質問してくれる場合があります。 現在はESTAやホノルル空港で機械が導入されており、旅行での入国なら以前より聞かれる項目は少なくなっています。

日本語が通じない場所

日本語スタッフや日本から仕事でハワイに来ている日本人スタッフがいれば、日本語が通じるハワイですが、ほとんどの場所では日本語が通じません。

ここからは日本語スタッフがいない可能性が高い場所をかんたんに解説します。

ホテルのチェックイン

ワイキキを含めても、ホテルのフロントデスクに日本語が話せるスタッフがいるほうが珍しいくらいです。 パッケージツアーなら専用デスクが利用できたり、まとめて手続きしてくれることもありますが、ほとんどのホテルでは英語での手続きになります。

レンタカー

離島はもちろんオアフ島でもレンタカーの店舗に日本語スタッフがいるのはとても珍しくなっています。 ワイキキでは一部の店舗で、日本から旅行者向けサービスがありますので、英語が苦手であればオススメです。 しかしハワイでドライブする以上は、最低限の英語が理解できるほうが望ましいです。

» ワイキキでおすすめのレンタカー店舗・営業所をめとめて紹介!

地元のローカルなショップや飲食店

ワイキキやホノルルでは、日本語がわかるスタッフのいるショップがありますが、個人経営のお店だったり飲食店では、日本語を話せる従業員はいない場合がほとんどです。 お店によっては日本語メニューの用意があったりもします。

でも日本語が通じたって聞いたけど?

ハワイ旅行から帰ってきた家族や友人から「ハワイでは日本語が通じた」という感想を聞いたことがあるかもしれません。

でも現実は、全般的に見ればハワイは日本語が通じる場所ではないのです。

もしハワイ旅行の感想が「日本語が通じた」のでれば、それは日本語が話せるスタッフのいるお店やサービスしか利用しなかった場合です。

とくにパッケージツアーでハワイへ行き、空港からホテルへのサービス、ホテルのチェックインが日本語スタッフのいる専用デスク、ワイキキを中心とした日本語スタッフのいるショップ、日本語スタッフが案内する現地ツアーを利用していれば、そのような感想になる場合もあります。

しかし実際にすべて日本語スタッフのいるサービスばかり利用するわけではありませんよね。

基本的には「通じない」と考えておき、少し英語の勉強をしていくほうが、様々な場面で役に立つことは間違いありません。

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ