ハワイ・ワイキキで歴史のある名門ホテルはどこ?

ハワイ・ワイキキで約100年もの歴史のある名門ホテルを紹介。インスタ映えする外観・内装だけでも十分に楽しめるラグジュアリーホテルはここ!

モアナ・サーフライダー・ウェスティン

1901年3月11日(明治34年)、ワイキキで最初のホテルとしてオープンしたのは、現在は「モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート」として営業するモアナ・ホテル(The Moana Hote)。

モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート
モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート

その気品のある佇まいから「ワイキキのファーストレディ(The First Lady of Waikīkī)」と呼ばれきた。

1959年からは「シェラトン・モアナ・ホテル」になり、1989年には隣接する「サーフライダー・ホテル」を統合して「シェラトン・モアナ・サーフライダー」となった。日本からのハワイ旅行客が劇的に増えていったのはこのシェラトン時代。

2007年にはシェラトンと同じスターウッドグループのウェスティン・ブランドとなり、現在も「モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート」として営業をしている。

カラカウア通り沿いに正面玄関のあるヒストリック・バニヤン・ウィングは、いまも開業当時の面影をそのまま残している。

ヒストリック・ウィングの客室は比較的狭く感じかもしれないが、せっかくなので歴史あるヒストリック・バニヤン・ウィングの客室を指定してみては。

» モアナ・サーフライダー・ウェスティン・リゾート

ロイヤル・ハワイアン・ホテル

その印象的なピンク色の外観から「太平洋のピンクパレス」の愛称もある「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」は、1927年2月1日(昭和2年)の開業。

ロイヤル・ハワイアン・ホテル
ロイヤル・ハワイアン・ホテル

商船会社マトソンの創設者によって豪華客船「マロロ号」の旅客宿泊施設として建てられたのがそのはじまりで、カリフォルニアからの長旅を終えた乗客を迎えていた。

1941年から数年間は海軍の保養所として使用されたが、1947年2月1日にホテルとして再オープンした。

2007年からは一時休業して大規模な改装工事を実施。2009年2月に現在の「ロイヤル ハワイアン ラグジュアリー コレクション リゾート」としてリニューアルオープンした。

ピンク色の外観とヨーロッパのような内装が印象的な本館(ヒストリック・ビルディング)のほか、近代的なマイラニ・タワーが2015年4月に再オープン。歴史的な建物に泊まるなら、名前に「ヒストリック」の入った客室タイプ、本館にある一部のスイートタイプを選ぼう。

» ロイヤル・ハワイアン・ホテル

ハレクラニ

日本では新婚旅行の滞在先としても人気があるハレクラニ。近代的な建物であることもあり、モアナサーフライダーやロイヤル・ハワイアンと比べると外観からは歴史を感じにくいが、ホテルの建つ場所や名前は1880年代にまで遡る。

ハレクラニ
ハレクラニ

最初はまだ個人的な小さなビーチ・ハウスだったハレクラニだが、1900年代に入り「ハウツリー ホテル(Hau Tree)」として営業をはじめた。

1917年に経営者が変わり、「天国にふさわしい館」という意味で現在の「ハレクラニ」という名前が復活。

現在の本館は1932年に完成した建物で、1981年にホテルを買収した米国三井不動産が全面改装を行い、1984年にリニューアルオープンした。

ハワイの最高級ホテルとして名前が上がることがあるが、宿泊料金としての側面では、他にもっと高価格帯の客室を提供するホテルはいくつも存在する。

すぐ山側に建つワイキキ・パーク・ホテルは、ハレクラニの姉妹ホテルで知られ、日本からの旅行者にも人気がある。ハレクラニとは一部施設の相互利用などができる。

そんな歴史あるハレクラニはハワイが唯一のホテルだったが、沖縄県恩納村いんぶビーチに「ハレクラニ沖縄」として2019年夏に開業することが発表されている。

» ハレクラニ

ザ・カハラ・ホテル&リゾート

オアフ島では最上階のグレードに位置するカハラ・ホテル&リゾートは、1964年に「カハラ・ヒルトン」としてオープン。

ロイヤル・ハワイアン・ホテル
ザ・カハラ・ホテル&リゾート

1996年から「カハラ・マンダリン・オリエンタル・ハワイ」、2006年3月1日から「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」と変わっていった。

ワイキキから程よい距離感のある高級住宅街に位置するホテルで、天皇皇后両陛下をはじめ、アメリカ合衆国の歴代大規模や数々の著名人が宿泊してきた名門ホテル。

日本では1998年に放送されたTBS系列のドラマ『HOTEL』海外編のロケ地となったことでも知られている。

2014年10月に日本の総合リゾート企業であるリゾートトラスト株式会社が買収。2017年に「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」ブランドで世界進出することを発表しており、第一弾として横浜みなとみらい地区において「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」を2020年夏頃に開業予定となっている。

» ザ・カハラ・ホテル&リゾート

他のホテルはいつできた?

ここまで紹介したホテル以外もここで歴史をチェックしてみよう。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ

ワイキキで最大規模を誇るヒルトン・ハワイアン・ビレッジは、1955年にカイザー・ハワイアン・ビレッジ・ホテル(Kaiser Hawaiian Village Hotel)としてオープン。同じ場所にあったホテルで言えば、さらに昔の1928年に開業したニウマル・ホテル (Niumalu Hotel)にまで遡る。

» ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート

ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル
ニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテル

カピオラニ公園やダイヤモンドヘッド近くのビーチ沿いに建つニューオータニ・カイマナ・ビーチ・ホテルは、1963年に McInerny Cottage として建てられたがマキナニー・コテージ(McInerny Cottage)がそのはじまり。当時の面影は現在もビーチ沿いのレストラン、ハウ・ツリー・ラナイ(Hau Tree Lanai)で見られる。

1940年代にカイマナ・ビーチ・ホテル(Kaimana Beach Hotel)となり、1964年に大規模なリノベーションを行った。

ニューオータニが運営を始めたのは1976年10月からで、日本ではガイドブックや雑誌などでハウ・ツリー・ラナイが取り上げられていることもあり、ハワイ旅行リピーターを中心に毎回宿泊するという人も少なくない。

» ニューオータニ・カイマナ・ビーチ

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ