ハワイにあるツインタワーのホテルはなんて名前?

ハワイ・ワイキキにあるツインタワーのホテルをまとめて紹介。ハイアット・リージェンシーとプリンス・ワイキキのタワーを解説。

ツインタワーのホテルは2つある

ハワイ旅行でオアフ島ホノルルを訪れるほとんどの人が宿泊するワイキキ。

ガイドブックや雑誌の特集でもよく見かけるツインタワーのホテルは、実はワイキキには2箇所ある。今回はその2つのホテルをまとめて紹介。

ハイアット・リージェンシー・ワイキキ

まずはカラカウア通り沿いでワイキキビーチ&クヒオビーチが目の前にあるハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&スパ。周辺にはショッピングセンターやレストランが充実しており、夜遅くまで気軽に出歩ける好立地。


手前のダイヤモンドタワーと奥のエバタワー

ワイキキ中心部よりに建つエバタワーとダイアモンドヘッド側に建つダイアモンドヘッドタワーの2つの建物にそれぞれ客室がある。

フロントデスクなど主にホテル設備は共通となっており、1階から3階にかけてフロントデスクやレストラン、プール、スパがある。

客室はオーシャンフロントからシティビューまでいずれの眺めもどちらのタワーにも設定されており、一般的に予約時にはどちらのタワーになるか分からないが、パッケージツアーならタワー名が明記されているプランもある。

最上フロアの40階にはプレジデンシャルスイーやアンバサダースイートなどの最高級の客室を用意している。

» ハイアット・リージェンシー・ワイキキ・リゾート&スパ

プリンス・ワイキキ

ヨットハーバーに面するプリンス・ワイキキも2つのタワーを持つ高層ホテル。ワイキキ中心部までに少し距離があるが、アラモアナセンターまでは歩いてすぐのロケーションは魅力。


アラモアナタワー(左)とダイヤモンドヘッドタワー(右)

どちらのタワーも全室が海側を向いており、同じ眺めの客室タイプならどちらのタワーからもヨットハーバーや海を望む景観が期待できる。

客室タイプでは。オーシャン・フロント・スイートとオーシャン・ビュー、オーシャン・ビュー・スイート、ラナイ・スイートは、アラモアナタワーのみの設定となっている。

多くの客室がヨットハーバー側にあるが、アラモアナタワーのオーシャンビューのみアラモアナビーチパーク側の端にあり、他とは違った景色が楽しめる。アラモアナ側は他に高い建物がないので、すっきとした開放感のある眺望が楽しめる。

また一部のダイヤモンドヘッド側を向いた客室からは金曜日夜に打ち上げられる、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジの花火も客室から見ることができる。

» プリンス・ワイキキ

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ