ハワイで使えるおすすめ海外レンタルWi-Fi

ハワイのホテルで携帯電話・スマートフォンは充電できる?

ハワイ旅行中にホテルで携帯電話・スマートフォンを充電する方法。付属の充電アダプタでそのまま充電するすることができます。

携帯電話・スマートフォンの充電

スマートフォンの普及がしたことで、ハワイ旅行中にも現地で検索、情報収集をする方が当たり前のようになりましたね。

ハワイではホテルやショップ、レストランでフリーWi-Fiに接続できることも多く、またモバイルWi-Fiルーターをレンタルする方も増えています。

さて今回は初めてのハワイ旅行を前に、ちょっとした疑問を持っている方へのお役立ち情報です。

USBポートのある客室もある

近年はUSBでスマートフォンなどを充電する機会が増えた為、ホテルの客室にもUSB端子を用意していることがあります。

とくにこの数年でリニューアルした客室には、USBポートやUSBポートのある多機能置き時計などがあります。

プリンス・ワイキキのコンセント
プリンス・ワイキキのコンセント

ハワイのコンセントは日本とほぼ同じ

海外旅行の準備をするときには、旅行先の国・地域のコンセント差込口の形状が気になるところです。

ハワイを含むアメリカでは、日本と同じAタイプのコンセント・プラグ形状が使わており、ほとんどの場合は日本の電気製品の電源プラグをそのまま差し込むことができます。

つまり日本からのハワイ旅行では、変換プラグの必要はほぼありません。

絶対大丈夫とは言い切れないのは、ときどき差込口の大きさが微妙に異なり、しっくり差し込めないホテルやコンドミニアムがあったりします。

携帯電話・スマートフォンなら変圧器も不要

海外旅行でももう1つ気になるのは海外の電圧です。

ハワイを含むアメリカでは、110-120V(ボルト)の電圧が使われていますが、これは日本の100Vより少し高めとなっています。

ここでポイントなのが、電圧が違うからと言って、必ずしも変圧器が必要という訳ではありません。

スマートフォンやデジタルカメラ、ノートPCなどの充電アダプタは、ほとんどの場合、多くの国の電圧に対応しています。

iPhoneの場合は、購入時に付属しているUSB電源アダプタが100-240Vまで対応しているので、USBケーブルと一緒の持っていけば、ホテルで問題なく充電することができます。

アンドロイドのスマートフォンでも、ほとんどの製品はハワイの電圧にも対応しているので、付属の電源アダプタなどで問題なく受電できます。

携帯電話は対応電圧をチェック

スマートフォンの充電は日本と同じで問題ないのですが、古い携帯電話などを持って行く場合は、念の為、対応電圧をチェックしてみましょう。

対応電圧は説明書や充電機器に表記がありますので、対応する電圧にハワイの110-120V が入っていれば問題ありません。

また付属品ではない充電アダプタなどを使用するときも、対応電圧を確認してから使うようにしましょう。

» ページの先頭へ