【随時更新】ハワイの新型コロナ最新情報・ワクチンパスポート・渡航規制

カロコ・フィッシュポンド

観光スポット情報

英名Kaloko Fishpond
住所Kailua Kona, HI
エリアハワイ島 > コナ > カイルアコナ
種類史跡
URLなし

twitterこのページをツイートする

カロコ・ホノコハウ国立歴史公園(Kaloko-Honokohau National Historical Park)にある養魚池。Kaloko とは the pond の意味で、その名の通りここは池になっており、かつては養魚池として活用されていた。フィッシュポンドの歴史は16世紀にまでさかのぼり、このカロコ・フィッシュポンドも建設されたのは1400年代から1500年代と言われている。

一時期はマングローブが繁殖しすぎて、水鳥の数が減少するなど生態系が変化してしまったが、マングローブの駆除が進み、水鳥も戻ってきているので、バードウィッチングも楽しむことができる。

新型コロナウイルス感染症の影響で、営業時間や休業日が変更になっている場合があります。お出かけの際は、公式ウェブサイトや公式SNSなどもご確認ください。

この史跡の地図

アクセス / 行き方

レンタカーでの行き方

Google マップでドライブコースを表示:地図で道路名・距離・所要時間がわかります

カイルアコナのおすすめ史跡

カマカホヌ
Kamakahonu

かつてカメハメハが住んでいた屋敷で、アフエナ・ヘイアウにある。

アイマカパ・フィッシュポンド

アイマカパ・フィッシュポンド
Aimakapa Fishpond

ホノコハウ・ビーチ近くにある養魚池。

» ハワイ島の史跡をもっと見る

ページの先頭へ