イミロア天文学センター

観光スポット情報

イミロア天文学センターの入口

※写真の転載・無断使用は禁止です

英名Imiloa Astronomy Center of Hawaii
住所600 Imiloa Place, HIlo, HI
エリアハワイ島 > ヒロ > ヒロ
種類博物館
営業時間9時~17時
休み月曜日
料金大人:19ドル、子ども(5~12歳):12ドル、幼児:無料
評価
5
| 1
URL公式サイト

twitterこのページをツイートする

以前は Maunakea Astronomy Education Center と呼ばれていた施設で、2006年2月に新たにイミロア天文学センターとしてオープンしたミュージアム。ここに来れば、マウナケア山頂まで登れなくても、マルチメディアを使ってハワイの星空を楽しむことができる。施設内にはマウナケア山頂にあるような天文観測所が設置してあり、中では直径16メートルの星空にCGとは思えないほどの星空が広がる。日本の国立天文台が開発した四次元シアター4DU2では3D映像を使った宇宙体験ができる。

天文学のほかに、ハワイの歴史や民族文化を紹介するコーナーも併設されている。かつて天体をもとに公開したホクレア船を復元、展示してあるなど、魅力的な展示物も多い。

おすすめポイント

雨模様の日が多いヒロでは、博物館を楽しむのもおすすめ。とくに家族連れなら子どもと一緒に楽しめるイミロア天文学センターはぜひ選択肢に入れておきたい。

写真

イミロア天文学センターの正面玄関

イミロア天文学センターの正面玄関 ©ハワイアンタウンズ

入館しなくても利用できるショップ

入館しなくても利用できるショップ ©ハワイアンタウンズ

併設されているスカイ・ガーデン・レストラン

併設されているスカイ・ガーデン・レストラン ©ハワイアンタウンズ

※写真の転載・無断使用は許可していません。有料での販売品を含むため、まとめサイトやブログ等への引用も禁止です。

この博物館の地図

» イミロア天文学センターの大きな地図を見る

アクセス / 行き方

ヒロ空港から車で約15分、約6km。ヒロ湾に面するバニヤン・ドライブから車で約13分、約6km。ボルケーノ・ビレッジから車で約45分、約45km。コナ空港から200号線経由で約90分、約120km。

駐車場

駐車場あり(無料)

レンタカーでの行き方

ドライブコースを表示:地図で道路名・距離・所要時間がわかります

みんなの写真

センター全景

センター全景 ©semboku405

KOMOHANAから少し下ると

KOMOHANAから少し下ると ©KEN KUROSHIMA

ハワイ伝説と宇宙のコラボ

ハワイ伝説と宇宙のコラボ ©KEN KUROSHIMA

ハワイ伝説と宇宙のコラボ

ハワイ伝説と宇宙のコラボ ©KEN KUROSHIMA

投稿する写真をアップロードしませんか?

ヒロのおすすめ博物館

太平洋津波博物館

太平洋津波博物館
Pacific Tsunami Museum

ヒロはかつて大津波に襲われたことのある町で、津波に関する資料を展示した博物館がある。マルチメディアを使って津波の国「を分かりやすく解説しているコーナーや津波の生 ...

ワイロア・センター
Wailoa Center

州立の博物館で、ハワイの歴史や文化に関する展示を行っている。かつて大津波に襲われ大きな被害を受けたヒロにあただけあって、津波被害の写真なども展示されている。地元 ...

ライマン邸記念博物館

ライマン邸記念博物館
Lyman House Memorial Museum

ニューイングランド出身の牧師デビット・ライマンと妻のデビット・サラによって1939年にミッション・ハウスが建てられてたが、その約100年後の1931年にデビット ...

モクパパパ・ディスカバリー・センター

モクパパパ・ディスカバリー・センター
Mokupāpapa Discovery Center

ハワイ州のさらに北西に連なる北西ハワイ諸島とパハナウモクアケア海洋国家遺産(Papahānaumokuākea Marine National Monument ...

ヒロ・パブリック・ライブラリー
Hilo Public Library

ヒロの公立図書館で、ここの敷地内にはナハ・ストーンとピナオ・ストーンという2つの有名な石が展示されている。

» ハワイ島の博物館をもっと見る

最新レビュー(1件)

イミロア天文学センターに行ったことがあれば、ぜひクチコミを投稿してください!ハワイアンタウンズではログイン不要の掲示板感覚で情報を共有できます。

吹き抜けの中庭に面した席が最高 posted by Ainako

(5)

公立の図書館で幼児から高齢者まであらゆる年代の利用者に愛されている。 目印は大王が持ち上げたとされるナハストーン、ダウンタウンからワイヌイヌイをだらだらと少し登ったところ。 児童書とハワイ関連書籍他歴史書の充実ぶりが嬉しい。 地元の図書館なので観光客は来ないが是非ハワイ島の図書館を体験してみてください。 英語が読めなくても大型本の図鑑を眺めているだけでも楽しいです。 また、荷物に余裕があったら日本で読まなくなった本を持って行って寄付するのも喜ばれます。 カウンターの列に並んで「ドーネーション」と言って渡してください、「レシートが要るか?」と聞かれますのでイエスかノーで答えます。 レシートはメイドインチャイナのいかにものお土産とは違った良い記念にもなると思います(アリバイにもなります) 私はここでコロンブスやスパイスルート、移民など大航海時代~19世紀の歴史を読むのが大好き。(オアフのリリハ図書館では20世紀の歴史) バス停が目の前なのも便利。

訪問年月:2013年1月,投稿日 2013-08-19

ページの先頭へ