4月25日予定のワイキキ・スパムジャムが延期、新型コロナウイルス懸念で

[最終更新日:2020年03月17日]

ワイキキ・スパムジャム
ワイキキ・スパムジャム

2020年4月25日(土)に開催が予定されていたイベント「ワイキキ・スパムジャム」が延期を決定した。

ワイキキ・スパムジャム(Spam Jam)は、ランチョンミートの缶詰「スパム( SPAM® )」 を使ったグルメが楽しめるイベントで、オアフ島ワイキキのカラカウア通りや周辺ホテルなどを会場に開催されている。

主催者では、  新型コロナウイルスの感染拡大を防ぎ、来場者や販売者、ボランティア、主催団体の健康と安全を優先するため延期を決めたとしている。現時点で変更日は未定。

例年、夕方4時から夜10時までワイキキのメインストリート、カラカウア通りが歩行者天国となり、グルメやライブエンターテイメントなどのパフォーマンスが盛大に行われる人気イベント。

開催時期は毎年4月下旬または5月上旬で、年によっては日本のゴールウィークと重なる場合もあり、日本からの旅行者もホテル周辺で気軽に楽しめるイベントとなっていた。

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , | 2020年3月17日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ