ワイキキビーチの約20%を朝7時から昼12時まで閉鎖

[最終更新日:2012年03月06日]

2012年1月からはじまったワイキキビーチの砂浜復元工事で、3月12日(月)からビーチの約20%に相当する部分を、朝7時から昼12時まで閉鎖することがわかった。

年明けから工事が進められているこのプロジェクトでは、浸食によって沖へ流れてしまった砂浜を、ポンプを使い海底から吸い上げ、砂浜へと戻す作業が行われているが、砂の移動には大型トラックを導入している。

今回のビーチ一部閉鎖はトラック用の通路を確保することを目的としており、12日からの該当期間中はビーチの閉鎖だけでなく、トラックが何度も行き来することになる。

ホテルや旅行会社では宿泊客に工事概要を知らせしている場合もあるようだが、ワイキキのビーチでのんびりするのであれば、午後にでかけるのがおすすめだ。

関連記事:Dump trucks to shut down Waikiki Beach – Hawaii News Now – KGMB and KHNL

タグ: , , | 2012年3月6日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ