ユナイデット航空、燃油サーチャージ値下げ、2012年10月発券分よりハワイ片道13,500円

ユナイテッド航空の飛行機

スターアライアンスに加盟する米航空大手のユナイデット航空(UA)は、2012年10月1日発券分から日本発着路線の燃油サーチャージを改定する。

ユナイテッド航空が運航する成田‐ホノルル線では、現行の片道15,000から片道13,500へと値下げになるが、往復では27,000円となる為、燃油サーチャージはまだ高い水準といえる。

同じスターアライアンス加盟のANAが運航する成田‐ホノルル線、羽田‐ホノルル線のコードシェア便についても燃油代は同額。また2012年10月発券以降の燃油代は、JAL、ハワイアン航空、デルタ航空などの各社も日本‐ハワイ路線では同水準となっている。

方面 9月30日発券分まで 10月1日発券分から
ハワイ 15,000円 13,500円
アメリカ(ハワイを除く),中南米 23,500円 21,000円
シンガポール,バンコク 11,500円 10,500円
グアム,サイパン,ロタ,パラオ 7,000円 6,500円
その他ミクロネシア路線,マニラ 10,500円 9,800円
ケアンズ 14,000円 13,000円

参考:United Airlines – 燃油サーチャージの改定

タグ: , , | 2012年9月8日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ