ユナイテッド航空、燃油サーチャージ値上げ、2012年6月発券分より

N671UA, N215UA

スターアライアンスに加盟する米航空大手のユナイテッド航空(UA)は、2012年6月1日発券分より日本発着路線の燃油サーチャージを値上げする。

ユナイテッド航空が直行便を運航する成田‐ホノルル線は、現行の片道15,000円から片道16,500への値上げ。コードシェア便を運航する全日空と同額となる。

また2012年6月以降の発券分については、日本航空、デルタ航空、ハワイアン航空も片道16,500円への値上げを決めており、日本‐ハワイ路線ではチャイナエアライン以外の航空会社は引き続き同水準となる。

ユナイテッド航空は2010年10月にコンチネンタル航空と経営統合しており、ロゴや機体デザインを徐々に変更している。

方面 5月31日発券分まで 6月1日発券分から
ハワイ 15,000円 16,500円
ケアンズ 14,000円 14,000円
北米,中南米 23,500円 26,000円
バンコク,シンガポール 11,500円 13,000円
マニラ 10,500円 12,000円
グアム,サイパン,パラオ,ロタ 7,000円 8,000円
台湾,香港 6,000円 6,500円
韓国 2,200円 2,500円

※上記の燃油サーチャージは出発日に関わらず発券日を基準に適用されます。2012年6月以降の出発分でも、5月中に発券・購入すれば、値上げ前の燃油代が適用されます。

タグ: , | 2012年5月15日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ