ユナイテッド航空、2013年12月発券分より燃油サーチャージ値上げ

ユナイテッド航空の飛行機

スターアライアンスに加盟する米航空大手のユナイテッド航空は、2013年12月1日発券分から日本発着路線の燃油サーチャージを改定する。

ユナイテッドが運航する成田-ホノルル線は、現行の片道13,500円から15,000円への値上げとなり、往復の値上げ幅は3,000円。出発日に関わらず、航空券を発券(購入)した日のサーチャージが適用される。

2013年12月1日以降の燃油代については、既に日本-ハワイ間の直行便を運航するエアライン各社が、片道15,000円への値上げを発表している。

2013年11月現在、ユナイテッド航空は成田-ホノルル線を毎日1便運航しているほか、同じスターアライアンスに加盟するANA(全日空)が運航する成田-ホノルル線と相互コードシェア、羽田-ホノルル線とコードシェアしている。

その他の方面については下記の通り。

方面 11月30日発券分まで 12月1日発券分から
ホノルル 13,500円 15,000円
米本土・中南米 21,000円 23,500円
バンコク・シンガポール・マニラ 10,500円 11,500円
ケアンズ 14,000円 15,000円
グアム・サイパン・パラオ・ロタ 6,500円 7,000円

プレスリリース:ユナイテッド航空、燃油サーチャージの改定を発表

タグ: , | 2013年11月15日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ