ユナイテッド航空、燃油サーチャージ値下げ、2012年8月発券分より

スターアライアンスに加盟する米航空大手のユナイテッド航空(UA)は、2012年8月1日発券分から日本発着路線の燃油サーチャージを値下げする。

ユナイテッド航空が運航する成田‐ホノルル線は、現行の片道16,500円から片道15,000円へと値下げになる。往復では33,000円から30,000円に変更となり、往復の値下げ幅は3,000円にとどっている。

2012年8月から9月末までの燃油代については、ANA、JAL、デルタ航空のいずれもユナイテッドと同水準への値下げを発表しているが、チャイナエアラインの成田‐ホノルル線は片道12,000円となり、引き続き他社よりも安く設定されている。

ユナイテッドでも燃油サーチャージは大人、子ども、幼児(座席を専有する場合)で同額となっている。家族旅行でハワイに行く場合、燃油代だけでも10万円近くになる計算だ。

方面 7月31日発券分まで 8月1日発券分から
ハワイ 16,500円 15,000円
アメリカ(ハワイを除く),中南米 26,000円 23,500円
シンガポール,バンコク 13,000円 11,500円
グアム,サイパン,ロタ,パラオ 8,000円 7,000円
その他ミクロネシア路線,マニラ 12,000円 10,500円
ケアンズ 14,000円 14,000円
台北,香港 6,500円 6,000円
ソウル 2,500円 2,200円

参考:United Airlines – 燃油サーチャージの改定

タグ: , | 2012年7月10日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ