ハワイ島ヒロの名物レストランが閉店、45年の歴史に幕

ハワイ島ヒロの町で45年に渡って営業を続けてきた老舗レストランのアンクル・ビリーズ・フィッシュ&ステーキハウス(Uncle Billy’s Fish & Steakhouse)が閉店した。最後の営業日は11月2日(火)だった。

2010年11月には88歳の誕生日をむかえるオーナーのアンクル・ビリーことウィリアムさん、今後は6人の子供たちや33人の孫たちとの時間を大切にしていきたいとコメントしている。

ハワイ島ヒロとコナで小さなホテルも経営しているアンクル・ビリーは、この何十年もコナとヒロを行ったり来たりする生活を続けてきたという。毎朝起きるのは4:30、夕方まで働き続けた。

評判のレストランではハワイアンミュージックやフラのライブパフォーマンスも披露され、観光としては少し地味なヒロの街で、ハワイの雰囲気を楽しめるレストランとして長年、観光客を魅了してきた。

ウィリーさんによると、今後もホテルは営業を続けるという。ハワイ島を訪れる際は、アンクル・ビリーズ・コナアンクル・ビリーズ・ヒロも検討してみたはいかがだろうか。

関連ページ:West Hawaii Today – from archives > Local > Uncle Billy exits restaurant biz

タグ: , , , | 2010年11月10日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ