マウイ島のトラバーサ・ハナが改称、ハイアット系ホテルに

[最終更新日:2020年08月02日]

ハナ周辺の滝
ハナ周辺の滝

マウイ島東岸のハナにあるホテル、トラバーサ・ハナ(Travassa Hāna)が管理会社変更に伴い改称することがわかった。

新たなホテル名はハナ・マウイ・リゾート(Hāna-Maui Resort)で、ハイアットのマネジメントになるという。マウイ郡知事が記者会見で同ホテルの再雇用について触れた。

ハイアット ホテルズ アンド リゾートは、世界各国で宿泊施設を展開するホテルグループで、ハワイの各島でもハイアット リージェンシーやハイアット プレイスなどのブランドが人気。

ハナ・マウイ・リゾートは、個性的で贅沢なワンランク上の独立系ホテルをコンセプトとするデスティネーション(Destination Hotels)ブランドになる見込み。

マウイ島のハナは、ハワイでリゾートホテルが立地する場所では、最も主要空港からのアクセスに時間がかかる地域のひとつ。町のはずれに小型プロペラ機が発着するハナ空港(HNM)はあるが、主要空港のカフルイ空港(OGG)からは車で約2時間かかる。

古くから観光客が比較的少なく静かな環境が維持されており、1970年代後半にはビートルズが事実上解散後のジョージ・ハリスンが、ハナに滞在して楽曲を制作したことでも知られている。1979年のアルバム “George Harrison” には、”Soft-Hearted Hana” など当時の曲が収録されている。

マウイ郡:7.31.20 COVID-19 PRESS CONFERENCE (PDF)

2020年8月2日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ