オアフ島路線バス TheBus、乗り放題パスをICカードへ移行

[最終更新日:2021年04月03日]

TheBus
TheBus

オアフ島全域に路線網を持つホノルル市の路線バス、TheBus(ザ・バス)がこれまで発行していた1デーパス、マンスリーパスをICカードに順次移行する。

2021年4月から紙の乗り放題パスについて発行数を制限していき、7月1日にはICカードの「HOLOカード」へ完全に置き換える予定。

2021年4月現在、TheBus の均一運賃は$2.75で、1日乗り放題の1デーパス(1-day Passe)は$5.50、1ヶ月乗り放題のマンスリーパス(Monthly TheBus Passes)は$70となっている。

7月からは「HOLOカード」を利用すると、同日中は3回目以降の乗車について自動で運賃の支払いがなくなるため、現行の1デーパスのように利用できる。

HOLOカードは、取り扱い販売店や TheBus のオフィスで購入が可能。シニアや障害者、ユースの特別運賃は、TheBus のオフィスまたはカリヒ・トランジット・センターで申し込みを受け付ける。

また、HOLOカードは、今後開業が予定されているホノルル・レール・トランジットでも導入が予定されており、ハワイの交通系ICカードとして、これまで以上の普及が見込まれる。

オアフ島の路線バス TheBus は、地元住民の重要な交通機関であるほか、均一料金で島中を移動できることから、旅行者の移動手段としても活用されている。ICの「HOLOカード」により、パスを購入する手間や小銭を用意が必要がなくなり、より手軽に路線バスが利用できるようになっている。

TheBus: New HOLO card to replace paper passes for TheBus starting July 1, 2021

タグ: , , | 2021年4月3日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ