ハワイのストリートビュー対象地域が大幅に拡大

[最終更新日:2012年06月27日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

プライバシーの問題など何かとニュースになることも多い Google マップのストリートビューですが、知らない土地へ行くときの下調べなどに便利だったりします。

そのストリートビューでは、もちろんこれまでもハワイの主要道路沿いならチェックできましたが、この度、ハワイ州の対象地域が大幅に拡大しています。

Google マップ ストリートビューチームによると、新たにカウアイ島、ラナイ島、モロカイ島が加わっています。日本人旅行者になかなか遭遇しない3島ですが、最新のカメラが投入されたようで、かなり高画質での閲覧が可能です。

さらに道路だけでなく、ワイキキビーチ、イオラニ宮殿、ライアン樹木園、USSアリゾナ記念館、アロハスタジアム、クアロア・ランチ、キラウエア火山のあるハワイ火山国立公園といった観光名所が200ヶ所以上も追加されているとか。ストリートビューと言えば道路沿いの景色というイメージでしたが、最近では車が侵入できない場所も対象としているようです。

ちなみに編集スタッフでは昨年、ハワイ島ヒロでストリートビューの撮影車を目撃していました(右上写真)。ハワイ火山国立公園を撮っていたのかも?!

参考:Google Japan Blog: 常夏のハワイをストリートビューで

タグ: , , | 2012年6月27日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ