ハプナビーチはハワイで最も危険?

[最終更新日:2008年01月07日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

クイーンズ・メディカル・センターが発表した資料によると、ハワイのビーチで脊髄損傷の大怪我を負った事故件数は、2001年から2006年の6年間でハワイ島のハプナビーチが11件と最多だったことが明らかになった。

ハワイでの脊髄損傷を伴うビーチでの事故は年々増加しており、2001年の8件から2005年には22件にまで増え、2006年も17件が報告されている。

ビーチ別では、最多のハプナビーチに続いて、ワイキキビーチの8件、オアフ島サンディビーチの7件、ハワイ島マジックサンドビーチの6件、オアフ島ワイメアビーチの4件、オアフ島マカハビーチの3件となっている。

ハプナビーチは「全米一美しいビーチ」のランキングでも1位になったこともある白砂の広がるキレイなビーチだが、波が高く、底が堅い為、油断すると大ケガをすうこともある。年間61万人以上が訪れるという人気のビーチにも、危険は潜んでいるので、注意が必要だ。

参考記事:starbulletin.com | News | /2008/01/06/: Hapuna Beach leads the state in spinal-cord injuries

タグ: , , | 2008年1月7日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ