スカイマーク、成田=サイパン線を10月24日まで運休

[最終更新日:2020年07月15日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

8/19追記:スカイマークの成田=サイパン線が運休、今後の運航予定なしに

スカイマーク(羽田空港)
スカイマーク(羽田空港)

航空会社のスカイマーク7月13日、成田=サイパン線の運休期間を夏季スケジュール末の10月24日まで延長した。

成田国際空港とサイパン国際空港(SPN)を結ぶ直行便で、毎日1便の運航予定があった。前回の発表分は9月30日まで運休としていたが、さらに約1ヶ月延長する。

北マリアナ諸島では、6月20日より島外からの渡航者は一定の条件を満たすことで14日間隔離を免除しているが、日本での検査や出入国規制の問題もあり旅行は難しい状況が続いている。

サイパンのある北マリアナ諸島への渡航や現地の状況については、マリアナ政府観光局の公式ウェブサイトで随時アップデートされている。7月12日現在の感染者数はこれまでの累計で33人。

スカイマークのサイパン直行便は、チャーター便を経て2019年11月29日に定期便として就航。新型コロナウイルス感染症の影響で3月26日から運休している。

スカイマークは、日本の国内線では国土交通省が発表する定時運航率において、2017年度から2年連続で1位となっているほか、英OAGが公表した2019年の定時運航率では世界で3位となっている。

プレスリリース:「成田-サイパン線」運休のお知らせ/Flight Suspension of “Narita – Saipan” Route

タグ: , , , | 2020年7月15日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ