シャークツアーへの罰金強化を検討

[最終更新日:2010年04月06日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ノースショアで観光客向けのツアーとして人気を集めているシャークツアーが依然として物議を醸している。ツアー客に間近で楽しんでもらうことを目的として、サメにエサを与えることでおびき寄せる行為に反対するグループや政治家がいるためだ。

ツアー会社が廃業に追い込まれているケースはこれまでないようだが、反対派は現状で500ドルの罰金を5000ドル以上に引き上げる法案を検討している。法案はサメにエサを与える行為を対象とするが、ツアーボートの差し押さえも可能になるようだ。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Hawaii’s shark tours continue despite feeding laws

タグ: | 2010年4月6日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ