コ・オリナ・リゾートのラグーンにサメ出現

[最終更新日:2009年01月11日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

オアフ島の高級リゾート地として知られるコ・オリナ・リゾートのビーチにサメが突如現れ、ビーチで遊んでいた観光客を驚かせた。

サメはビーチにいた観光客にビデオ撮影されたが、種類はシュモクザメ(Hammerhead shark)と見られている。シュモクザメは日本近海にも生息するサメで、人を襲うことは少ないが、死亡事故も報告されているという。

コ・オリナ・リゾートのビーチは人口的に作られたラグーンで、リゾート内に4カ所ある。サメの出現が報告され、ビーチは閉鎖されているようだ。

参考記事:Shark Sighting Clears Lagoon at Ko Olina | KGMB9 News Hawaii | (KGMB

タグ: , , | 2009年1月11日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ