サメ目撃情報でハプナビーチを閉鎖

[最終更新日:2008年09月06日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ島当局は岸から約27メートル沖付近で、サメの目撃情報が寄せられた為、ハプナビーチを閉鎖したことを明らかにした。

ハワイ島西岸北部のコハラコーストのビーチへ出かける人は、特に注意が必要だ。ビーチに警告の看板が立っているときは、海へ入るの控える必要がある。

地元の消防隊員や州の担当者が監視を続けており、安全が確認されれば、ビーチの閉鎖は解除される見込み。

参考記事:Star-Bulletin Breaking News – Big Island beaches closed after shark sighting

タグ: , , | 2008年9月6日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ