カウアイ島ハナレイ湾、サメ出没で一時閉鎖

ハナレイ湾の桟橋

カウアイ島北岸のハナレイ湾(Hanalei Bay)が、サメの目撃情報によりビーチが一時閉鎖された。

11月24日午後1頃に目撃されたサメは、シュモクザメ(ハンマーヘッドシャーク)とされる。日本沿岸でも見られる種類だ。

現地メディアによるとワイオリ・ビーチ・パーク(Waioli Beach Park)のわずか30ヤード(約27メートル)沖で目撃されたほか、サーファーによるとサーフボードにも接触してきたという。

ハナレイ湾では度々サメが目撃されているが、今回も安全が確認されるまで閉鎖される模様だ。

ハナレイの町に面して広がるハナレイ湾は、映画「南太平洋」(South Pacific)のロケ地としても知られ、美しい三日月型の地形が印象深い場所。この周辺で泳ぐ観光客は多くないが、ガイドブックなどでは紹介されている。

参考:Kauai’s Hanalei Bay closed due to hammerhead shark encounter – Hawaii News Now – KGMB and KHNL

タグ: , , , | 2014年11月25日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ