サメ出現でハワイ島の一部ビーチを引き続き閉鎖

[最終更新日:2008年09月12日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ島西岸のコハラコースト沿岸で4匹のタイガーシャークが目撃され、ハプナビーチ、ワイアレアビーチ、スペンサービーチが閉鎖されている。

サメは体長8フィートから12フィートと見られ、カウアハイ・ハーバーとマウマイ・ビーチの間で目撃されたという。

オアフ島でも先日、サーファーがサメに襲われる事故も発生しており、ビーチに出かける際はサメにも気をつける必要がありそうだ。

参考記事:Shark Sightings Keep Big Island Beaches Closed – Honolulu News Story – KITV Honolulu

タグ: , , , | 2008年9月12日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ