シーライフパーク、3月6日から土日のみ一般入園再開

[最終更新日:2021年02月27日]

シーライフパーク
シーライフパーク

オアフ島のシーライフ・パーク・ハワイが2021年3月6日(土)、本格的に営業を再開する。

当面の一般入場は、土・日曜日の週末のみで、チケットは公式ウェブサイトでオンライン予約を受け付ける。入園料は3~12歳が$24.99、13歳以上が$39.99。開園時間は10時~15時。

新型コロナウイルス感染症の影響により長らく閉園していた同園は、体験プログラム「ドルフィン・エンカウンター」のみ1月中旬に一部再開。また夕方からの「カ・モアナ・ルアウ」についても再開している。

入園にあたっては、CDC(疾病予防管理センター)のガイドラインに基づき、2歳以上にマスク着用を求めるほか、検温を実施する。また、行動を共にする人以外とは、6フィート(約1.8m)の対人距離を確保することを求める。

オアフ島(ホノルル市郡)では2月25日から人数制限などの規制緩和を実施しており、動物園や水族館などで一緒に行動できるのは、以前の5人まで(屋内は50%の収容人数)から10人までに引き上げられた。

シーライフ・パーク・ハワイ(Sea Life Park Hawaii)は、海洋生物の保護活動と教育プログラムを提供する体験型マリンパークで、オアフ島東岸に立地。ワイキキからは車で約30分。路線バスでもシーライフパーク行きに乗れば約60分でアクセスできる。

公式ウェブサイト:Sea Life Park Hawaii

タグ: , , , | 2021年2月27日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ