ジャンボジェットB747-400引退記念ツアーでハワイへ

[最終更新日:2010年11月07日]

旅行会社のJALパックは、2011年2月末でホノルル線から引退する予定のB747-400型機で行く3泊5日のハワイツアーを発売する。

ボーイング社のB747-400はジャンボジェットの愛称で親しまれた大型旅客機。近年はジェット燃料価格の高騰や環境への意識が高まっていることから、燃費の悪いジャンボ機を引退させる航空会社が増えている。

JALパックではこのジャンボジェットの引退を記念して、東京(成田)発の引退記念ツアーを発売。行先はハワイ・ホノルルで、旅程は3泊5日。ツアー参加者には記念グッズも用意されるという。

このハワイ行きツアーは来年2011年2月の1日から24日までに設定されるが、最終日の25日にはツアー特別版として「国際線最終フライト搭乗&羽田整備工場または訓練センター見学付き ハワイ5日間」も設定する。こちらは70名限定となり、ハワイ旅行に加えて、羽田空港の整備工場または訓練センターの見学もセットになる。

ツアーの発売は2010年11月25日(木)の14:00を予定している。

出発日:2011年2月の1~7、12、13、15、16、18~24日

さよならジャンボ 747-400の勇姿を目に焼き付ける ハワイ-海外旅行・ツアーならJALPAK

タグ: , | 2010年11月7日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ