砂が戻りつつあるボールドウィン・ビーチ・パーク

[最終更新日:2006年09月23日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ビーチの浸食が進んでいたマウイ島パイアボールドウィン・ビーチ・パークに砂が戻り始めている。

ボールドウィン・ビーチ・パークでは夏になると、パイアの東側から海岸線の浸食が進む傾向があるが、今年の夏は例年よりも浸食の勢いが強く、トイレなどの施設が使用禁止になるほどだった。

ライフガードの監視塔も撤去され、トイレは管理用のものが波の届かない場所に設置されていたが、今週に入って、公園の関係者が砂がビーチに戻りつつあるのを確認している。

今後、浸食が落ち着き、砂が順調に戻ってくれば、新たに施設を整備する予定でいる。

参考記事:Sand appears to be coming back at Baldwin Beach Park

タグ: , | 2006年9月23日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ