サム・チョイズ・ダイアモンド・ヘッド・レストランが閉店

[最終更新日:2008年06月30日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイの人気シェフ、サム・チョイ氏のレストラン、サム・チョイズ・ダイアモンド・ヘッド・レストラン(Sam Choy’s Diamond Head)が2008年6月29日をもって閉店することになった。

カパフル通りにある同レストランは1995年のオープン以来、ハワイ・リージョナル・キュイジーヌの名店として人気を集めた。

今回の閉店はコスト高によるもので、ニミッツ・ハイウェイにあるサム・チョイ氏のレストラン、ブレック・ファースト・ランチ・アンド・クラブ・レストラン,ビッグ・アロハ・ブリュワリー(Breakfast, Lunch & Crab restaurant and Big Aloha Brewery)に統合することを目標としたもの。25名の従業員も移籍するかたちで雇用は維持されるるという。

ニミッツ・ハイウェイの店舗では、新メニューの導入や改装も予定されているというう。

れすと

タグ: , , | 2008年6月30日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ