ハワイ州、海外からの旅行者受け入れ再開、米政府発表の新規則で

[最終更新日:2021年11月03日]

Hawaii State Capitol
Hawaii State Capitol

ハワイ州のイゲ知事は2日、新型コロナウイルス感染症に関する渡航規制の変更を発表した。米政府発表の新規則に基づき、海外からの旅行者を受け入れる。

2021年11月8日からアメリカ入国には、出発前3日以内の検査とワクチン接種完了の両方が義務付けられる。ハワイ州でも、米国民以外がハワイに向けて直行便で出発する場合、同様の規制を適用することになる。対象は18歳以上。

これにより日本など海外からハワイへの到着は、これまで実施してきた州独自の規制から米国の新規則に移行。Safe Travels システムへの事前オンライン登録も不要になる。

陰性結果やワクチン接種完了の有無は、出発空港で航空会社が確認するため、要件を満たさない場合は搭乗を拒否される可能性が高い。

ただし、日本からアメリカ本土などの他都市を経由してハワイへ向かう場合、国内線での到着として扱うとしており、検査や事前オンライン登録などの要件が異なってくる。

ハワイでは現在、州の Safe Travels Program(セーフ・トラベルズ・プログラム)の枠組みで、出発前72時間以内の陰性結果により、到着後の10日間隔離義務を免除している。また、米国内でワクチン接種を完了した人が国内線で到着する場合は、Vaccination Exception Program(ワクチン接種特例プログラム)で隔離義務を免除している。

日本国内では現在、ハワイ州指定医療機関での検査のみが対象となっているが、米政府の新たなルールへ移行することにより、検査要件を満たしていれば、その他の場所での検査も対象になる。

ワクチン接種完了は、必要回数の接種翌日を1日目として15日目以降が対象。ファイザーは2回目まで3週間、モデルナは2回目まで4週間を空ける必要があるため、未接種の場合は入国予定の5~6週間前までには1回目を接種しておく必要がある。

2021年11月3日現在、ハワイから日本への入国/帰国では、ハワイで出発前72時間以内の検査が必要。また、ワクチン接種完了の有無によって最短10日間または14日間の待機要請(外出制限)がある。

日本=ハワイ間では、ハワイアン航空JALANAZIPAIRが直行便を運航中。ユナイテッド航空は12月からの再開を予定している。

■日本からハワイへ直行便で向かう場合(米国民以外)

現行(事前検査プログラム)2021年11月8日から
検査出発前72時間以内に州指定医療機関で受診、陰性結果で10日間隔離義務を免除出発前3日以内に米国入国の要件を満たす検査を受診
ワクチン海外からは対象外必要回数の接種から2週間経過(接種翌日を1日目として15日目以降)
登録Safe Travels システムへの事前オンライン登録Safe Travels システムへの登録は不要
出発空港陰性結果書類を確認(州の隔離免除要件はプリクリアランス対象)航空会社が陰性結果書類とワクチン接種履歴(海外渡航向けワクチン接種証明書)を確認
到着空港スクリーニング、出発時にプリクリアランスを利用していない場合は書類等を確認なし(一部実施する場合あり)

※2021年11月8日(月)午前0時1分(米東部標準時)から変更 (日本からのホノルル直行便はすべて8日出発分から対象)
※米国内の空港からハワイへ向かう場合は、引き続き、州指定医療機関(認定検査パートナー)での検査受診と Safe Travels システムへの事前オンライン登録が必要です
※プリクリアランスとは、航空会社が出発時に、ハワイ州の隔離免除に必要な手続きを確認するものです

公式発表:OFFICE OF THE GOVERNOR MEDIA ADVISORY: NEWS CONFERENCE ON INTERNATIONAL TRAVEL—SAFE TRAVELS HAWAI’I

タグ: | 2021年11月3日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ