ホノルルのワクチンパスポート、海外接種分も対象に

[最終更新日:2021年09月10日]

ホノルル
ホノルル

今月13日からオアフ島でのワクチンパスポート導入を予定しているホノルル市郡が、海外での接種分についても対象とする方針を示した。

ホノルル市郡では当初、海外での接種分は従業員にのみ有効とする案内をしていたが、国外で接種した住民や渡航者に対応するため、来店客・サービス利用者への条件を公式ウェブサイトに追加した。

対象となるワクチンは、FDA(米食品医薬品局)が承認または緊急使用許可を出しているモデルナ、ファイザー、ジョンソン・エンド・ジョンソンのいずれか。 現時点では、 日本でも接種が始まったアストラゼネカは対象外となる。

追記:現在は、WHO(世界保健機関)が承認するその他のワクチンも対象となっています

接種証明は、公的機関により発行された英語表記のあるものとしており、日本の「海外渡航用ワクチン接種証明書」は使用できる見込み。

ワクチン接種完了(Full Vaccination / Fully Vaccinated)は、必要回数を接種後、翌日を1日目として15日目以降が条件となるため、ワクチン接種を終えても2週間は利用することができない。

ホノルル市郡のワクチンパスポートは、レストラン等の飲食店やバー、スポーツジム(ホテルのフィットネスセンター含む)、映画館、ヨガ・ダンススタジオ、水族館の屋内エリアなど、多くの接客サービス業が対象。12歳未満は免除されるほか、15分以内の利用やテイクアウトは接種証明なしでも利用できる。

ワクチン接種証明の提示には、ワクチンカード原本またはその写真、デジタル証明(Safe Travels、The Hawaiʻi SMART Health Card など)が利用できる。未接種の場合は、48時間以内の検査で、新型コロナウイルス感染症の陰性結果を提示することもできる。いずれの場合も、合わせて身分証(ID)の提示が必要になる。

なお、ハワイ州が渡航者向けに実施しているワクチン・トラベル・プログラム(渡航のワクチンパスポート)では、日本などの海外出発や海外接種分は対象外となっており、日本のワクチン接種証明書があっても到着後の10日間隔離義務は免除されない。

オアフ島では、独自にワクチン接種完了をサービス利用の条件とする動きも出ている。ホノルルで7軒のホテルを運営・管理する Highgate は、10月15日からワイキキのアロヒラニ・リゾートなどで宿泊に接種証明を義務化することを発表している。

公式ページ:Safe Access O‘ahu

※使用可否は各店舗・施設により判断される場合があります。また、条件や対応内容は随時変更になる可能性があります。最新情報を Safe Access Oahu の公式ウェブサイトでご確認ください。

2021年9月10日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ