ロイヤル・ハワイアン・センターが3月23日から臨時休業、ABCストアと飲食店のドライブスルー&デリバリーのみ継続

[最終更新日:2020年03月24日]

ロイヤルハワイアンセンター
ロイヤルハワイアンセンター

ワイキキ最大規模のショッピングセンター「ロイヤル・ハワイアン・センター」は、2020年3月23日(月)から4月30日(木)まで臨時休業する。

引き続き、一部の飲食店はドライブスルー(Curb-Side Pick-up)またはデリバリーのみに対応して営業する。

またショッピングセンター内のショップでは、1階のABCストアが当面の間、午前7時から午後11時30分まで営業する。

オアフ島では、アラモアナ・センターがスーパーマーケットなどを除き23日午後から順次営業を取りやめるほか、地元住民が利用するアイエアのパールリッジセンターも23日からほぼすべての店舗が営業を休止する。

ハワイでは、ホノルル市(オアフ島)が3月23日16時30分から住民に在宅を命じており、必要不可欠な買い物や医療などを除き外出が制限されている。非常時に重要とされたビジネス以外の営業中止も含まれるため、ショッピングセンターでも対応したかたちだ。

またハワイ州では3月23日、州全域の全島を対象とする同様の在宅命令を発表。 住民と旅行者に不必要な外出を禁止する行動制限を3月25日から実施する。

ロイヤル・ハワイアン・センター(Royal Hawaiian Center)は、ワイキキのメインストリートであるカラカウア通りに面する大型商業施設。 110店以上のショップやレストランが出店するほか、中央部1階にはLeaLeaトロリーの停留所、3階にはHISのレアレア・ラウンジがあり日本からのハワイ旅行でも拠点のひとつとなっている。

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: | 2020年3月24日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ