コケエ・フィッシング・エリアのニジマス釣りが入場制限解除、非抽選制に

[最終更新日:2020年07月14日]

コケエ州立公園
コケエ州立公園

カウアイ島コケエ・パブリック・フィッシング・エリア(Kōke‘e Public Fishing Area)の入場制限が7月13日に解除された。今シーズンは新型コロナウイルス感染症の影響で、6月20日から7月11日まで事前申し込みの抽選制を採用していたが同システムは終了する。

コケエ・パブリック・フィッシング・エリアは、コケエ州立公園の渓流、貯水池、用水路に広がる。2020年シーズンは9月30日までの朝6時から夜6時までが対象。

釣り場では引き続き、マスク(フェイスカバー)の着用やフィジカル・ディスタンス(身体的距離)の確保が求められる。

釣りには淡水釣りのライセンスが必要となるが、DAR(DLNR Division of Aquatic Resources)のウェブサイトで申請・購入が可能。1日の持ち帰り制限はライセンス所持者1人あたり7匹まで。キャッチアンドリリースは許可されていない。

またアングラー1人につき、ライン1本のみ使用が許可され、ルアー等はシングルフックのみ。

釣り開始・終了時には、プウ・ルア・リザーバーにある2箇所の受付またはコケエ州立公園本部でのチェックインとチェックアウトが必要になる。

釣り場へはいずれのポイントにも4WDでのアクセスを推奨している。また貯水池周辺のキャンプや焚き火は禁止されている。

参考:07/13/2020-OPEN SEASON FOR RAINBOW TROUT AT KŌKE‘E BEGINS TODAY WITHOUT LOTTERY

タグ: , , | 2020年7月14日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ