プリンス・ワイキキとウェスティン・ハプナ、3月26日から4月30日まで一般向けの営業休止

[最終更新日:2020年03月25日]

プリンス・ワイキキ
プリンス・ワイキキ

ハワイでホテルを展開するプリンス・リゾーツ・ハワイは、オアフ島のプリンス・ワイキキ、ハワイ島のマウナケア・ビーチ・ホテルウェスティン・ハプナ・ビーチ・リゾートについて、2020年3月26日から4月30日まで営業を一時休止する。

対象期間の新規予約を中止するが、チェックイン済みの宿泊者や航空会社など乗務員には対応する見込み。

プリンス・ワイキキは、ワイキキ西端に位置するホテルで、日本からの旅行者にも定番ホテルのひとつ。マリーナやアラモアナビーチの眺めが良い2つの客室タワーがあり、ワイキキ中心部までは少し距離があるが、アラモアナセンターへは歩いてすぐという立地でも人気。

ウェスティン・ハプナは、ハワイ島西岸のハプナ・ビーチ州立公園に面するリゾートホテルで、以前は「ハプナ・ビーチ・プリンス」として営業していたホテル。日本からのハワイ島旅行では定番ホテルのひとつだった。現在はウェスティンがマリオット・グループのブランドとなったため、マリオット・ボンヴォイに参加している。

マウナケア・ビーチ・ホテルは、ハワイ島西岸のカウナオア・ビーチ(マウナケア・ビーチ)に面するホテルで、風が吹き抜けるオープンエア構造の建物は、建築物としても評価された。ウェスティン・ハプナとの間は送迎シャトルで移動できる。

ハワイ州では3月25日から全島の住民と旅行者に行動を制限しているほか、ホノルル市(オアフ島)でも3月23日16時30分から住民に在宅を命じており、必要不可欠な買い物や医療などを除き外出を制限。非常時に重要とされたビジネス以外の営業中止も含まれる。

ウェスティン・ハプナ
ウェスティン・ハプナ

またホノルル市では、飲食店のサービスについてテイクアウトまたはデリバリー、ドライブスルーのみとするよう指示しており、プリンス・ワイキキでも提供サービスを変更していた。

ハワイ州では3月26日から旅行者や州に戻る居住者を対象に、14日間の隔離措置を開始することに伴い、日本などの海外やアメリカ国内からのハワイ旅行は実質的に不可能となる。

日本でも3月22日に米国全土への渡航危険レベルを「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」に引き上げ、3月23日にはアメリカ全土からの帰国者に14日間の待機要請を出すことを決定した。

ハワイのホテルでは、アウラニ・ディズニー・リゾート、フォーシーズンズ・コオリナ、ザ・カハラ・ホテル&リゾート、ハレクラニ、ハレプナ・ワイキキ、米軍関連のハレ・コア・ホテル、ハワイ島のボルケーノ・ハウス、ヒロ・シーサイド・ホテル、コナ・シーサイド・ホテル、 ヒロ・リーズベイ・ホテル、モロカイ島のホテル・モロカイも営業休止を実施または予定している。

公式ページ:Temporary Closure – Prince Waikiki

» 【随時更新】ハワイの新型コロナウイルス情報まとめ、臨時休業や営業時間短縮リスト

タグ: , , , | 2020年3月25日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ