レジ袋への課金法案は進展せず

[最終更新日:2010年04月01日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

ハワイ州議会ではレジ袋1枚につき5セントの課金する法案が提案されているが、下院財政委員会では採決に至らず、今後も予定されていないとしている。

この法案ではビニール製、紙製どちらのレジ袋についても、購入者から1枚につき5ドルを徴収する仕組みで、収入は州の財源となる。

マウイ島、ハワイ島の両議会では既にビニール製のレジ袋を禁止する法案を可決している。

関連記事:KPUA.net – KPUA Hawaii News – Plastic bag fee in Hawaii stalls

タグ: , , | 2010年4月1日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ