APEC開催中の11日まで、カピオラニ通りのワイキキ-アラモアナ間で一部通行止め

[最終更新日:2011年11月08日]

※この記事は公開されてから1年以上が経過しています。最新のニュースをご覧ください。

2011年11月8日(火)からホノルルで開催されるAPEC(アジア太平洋経済協力)の期間中、ワイキキ周辺では交通規制や駐車場の閉鎖などが相次ぐ。

ハワイコンベンションセンター周辺の幹線道路では、8日(火)から11日(金)の朝6時から夜7時まで通行止めとなる箇所がある。

通行止めとなるカピオラニ通りのアトキンソン・ドライブからカラカウア通りのまでは区間は、ワイキキとアラモアナを結ぶ交通量の多い通り。アラモアナ通りやドン・キホーテ方面へ迂回する車両が増えると予想され、アラモアナセンターへのアクセスにも少なからず影響が出ると見られる。

また同区間を通過する路線バスのルート3、ルート9、ルートAも、通行止め時間帯は迂回して運行するとしている。

APEC期間中は至る所で警備が強化される為、旅行で滞在中も移動には時間をもったほうが良さそうだ。

参考:Avoid Kapiolani Blvd. and Atkinson Dr. this week | KHON2 Hawaii’s News Leader

タグ: | 2011年11月8日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ