大江戸 Hawaii Festival 2018、7月14日~16日に東京日本橋で開催

日本とハワイの魅力を堪能できる文化交流イベント「大江戸 Hawaii Festival 2018」が、7月14日(土)~16日(祝)の3日間、ベルサール東京日本橋で開催される。

大江戸 Hawaii Festival 2018

2018年は、日本からハワイへの初めて移民から150年という節目で、今年初のスペシャルコンサートなど昨年以上に歴史や伝統文化を堪能できるイベントとなる。

グルメやショッピングはもちろん、日本とハワイからの出演者がフラや音楽、和太鼓を披露するほか、シークレットライブも予定されている。

また3日間いずれも 18:30~21:00 には、別料金のスペシャルコンサートを開催。

7月14日(土)の「スペシャル日本コンサート」では、18:30~21:00の前半に寄席を開催。桃月庵白酒師匠春風亭一之輔師匠の落語が楽しめる。後半には、和太鼓グループ彩-sai の和太鼓が演奏される。

7月15日(日)の「スペシャルハワイコンサート」では、18:30~21:00の前半にフラ、後半には Manoa DNA によるハワイアン・ミュージックのパフォーマンスが楽しめる。

7月15日(祝)には「スペシャル日本×ハワイコンサート」を開催。前半では女優『二宮さよ子』による一人語り、イベント最後のフィナーレでは KONISHIKI&TAUPOU による歌とウクレレ演奏が披露される。

各日限定400席のチケットは、ぴあ、ローソンチケットで購入できる。

大江戸 Hawaii Festival 2018

またイベントには、日本とハワイの限定グルメ、お土産を取り揃える50店舗(100商品)が出店。

ニッポンの味では、門崎熟成肉カレー、岩手県花巻市のブランド豚「白金豚」を使用した格之進のハンバーグ。ハワイの味では、サラダ専門店「ALOHA SALADS HARAJUKU」のサラダが食べられる。

注目の商品では、ハワイアンシャツ(アロハシャツ)の ‘Iolani Sportswear,Lt、
日本ハワイアンキャンドル協会のハワイアンキャンドルなどが販売される。

大江戸 Hawaii Festival 2018

イベントに合わせて、日本橋の老舗店舗が参加する「大江戸スタンプラリー」を6月から開催中。参加店のうち3店舗で飲食又は商品を購入すると、フェスティバル当日11:00~17:00までの入場料1,000円が半額500円(いずれも税込)になる。

スケジュールの詳細は公式ウェブページで確認できる。

【イベント情報】

■日時
7月14日(土)11:00~17:00 コンサート:18:30~21:00
7月15日(日)11:00~17:00 コンサート:18:30~21:00
7月16日(月・祝)11:00~17:00 コンサート:18:30~21:00

■会場
ベルサール東京日本橋

■アクセス
東京メトロ銀座線線、東西線、都営浅草線「日本橋駅」B6出口直結
東京メトロ銀座線、半蔵門線「三越前駅」B6出口から徒歩3分
JR各線、東京メトロ丸ノ内線「東京駅」八重洲北口から徒歩6分

■料金(税込)
フェスティバル:1,000円
コンサート: 前売券3,500円、当日券4,000円

■チケット
ローソンチケット(Lコード:31441)
ぴあ(Pコード フェスティバル入場券:639-583、コンサート券:639-584)

タグ: , | 2018年6月21日

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ