オアフ島のTier 3、今後4週間継続で市長と州知事が合意

[最終更新日:2021年04月08日]

ワイキキ
ワイキキ

ホノルル市郡は7日、新型コロナウイルス感染症に関する4段階の回復計画について、今後4週間は現状の Tier 3 を継続すると発表した。

オアフ島全域が含まれるホノルル市郡では、新規陽性者数が微増しており、経済活動や人数が制限される Tier 2 に戻る可能性があったが、ホノルル市長とハワイ州知事が Tier 3 のまま維持することで合意した。Tier 3 について決定済みの修正内容は予定通り実施される。

4段階の回復計画では、現状の Tier 3 を維持するためには、7日間の平均陽性者数が20~49人、陽性率が1~2.49%という条件を満たす必要がある。オアフ島では3月下旬頃から陽性報告数が増加しており、7日間平均では、陽性者数が58人、陽性率が2%となっている。

次の Tier 4 に進むためには、Tier 3 の基準を2週間満たした後、さらに2週間、Tier 4 の基準である新規陽性者数が平均20人未満、陽性率が平均1%未満という条件を満たす必要があり、最短で4週間を要する。

4段階の回復計画は、昨年9月24日に Tier 1 から始まり、4週間後の10月22日には Tier 2 に今年2月25日に現在の Tier 3 へと進んでいる。

仮に Tier 2 に戻った場合、各施設の収容人数が50%に、同時に飲食や行動ができる人数が5人までに制限される。

ホノルル市郡:O‘ahu businesses and activities to continue operations in Tier 3

タグ: , , | 2021年4月8日

twitterこの記事をツイートする

1/18更新:2021年GW・夏休みはハワイ旅行に行ける?海外旅行はいつ本格再開?

ページの先頭へ