国立公園局、ホナウナウとカロコ・ホノコハウの再開エリアを拡大

[最終更新日:2020年07月11日]

カロコ・ホノコハウ国立歴史公園
カロコ・ホノコハウ国立歴史公園

NPS(アメリカ合衆国国立公園局)は7月10日、ハワイ島コナ・コーストの位置するプウホヌア・オ・ホナウナウ国立公園とカロコ・ホノコハウ国立歴史公園について再開エリアを拡大した。

いずれの公園も新型コロナウイルス感染症の影響で3月下旬から一時閉園。再開後も一部エリアが閉鎖されていたが、金・土・日曜日の週末に限定してアクセス可能なエリアを拡大する。

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立公園(Puʻuhonua o Hōnaunau National Historical Park)は、コナ・コースト南部の海岸線に位置する歴史公園で、通常は入園料を設定。

7月10日からは金・土・日のみ入園ステーション、入園料、ビジターセンターの駐車場(7時~17時)、ビジターセンター(8時30分~16時30分)を再開。ツアーガイドやプログラム、商用利用は引き続き休止。トレイルコース、ビーチ、海岸線へのアクセスは毎日可能。

カロコ・ホノコハウ国立歴史公園(Kaloko-Honokohau National Historical Park)は、コナ空港からもすぐの海岸線に位置する歴史公園で入園は無料。

7月10日からは金・土・日のみカロコ・ポンド・アクセス・ロード、ビジターセンター駐車場、ビジターセンターとトイレ施設、ビジターサービスを再開する。トレイルコース、ビーチ、海岸線へのアクセスは毎日可能。カロコ・ポンドのピクニックエリア、HPPAブックストア、プログラム、商用利用は引き続き休止となる。

ハワイ島では他にキラウエア火山で知られるハワイ火山国立公園などがあるが、政府やCDCのガイドラインに従い、段階的な規制緩和を実施している。

NPS公式ページ:
Alerts & Conditions – Puʻuhonua o Hōnaunau National Historical Park
Alerts & Conditions – Kaloko-Honokōhau National Historical Park

タグ: , , , | 2020年7月11日

【8/8更新】2020年の秋・年末年始、2021年GWはハワイ旅行に行ける?日本からの海外旅行はいつ再開?

twitterこの記事をツイートする

ページの先頭へ